Top

思い出の中の、そして現在の生活の中のワインと料理、食文化。人として思う事。。。
by vruocculu
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
CAMOMILLA の香りに感謝して。(2)
e0121545_13228.jpg




LIQUORE alla CAMOMILLA con GRAPPA
ネッビーロのグラッパにカモミッラの花をつけ込んで出来るリキュール

グラッパ66% 
23%のアルコールと水の液にカモミールの花をつけ込んで、
チンキを作り、砂糖を添加した飲み物






栓をあけて、部屋中に広がるカモミッラに酔ってしまいそう。
口に含んで、温まった香りが鼻からぬけいくと
自然に深呼吸している様に思えてしまう。
そのカモミッラの香りに、あらためて思うたくさんの事。








       カモミッラの思い出は、Bagno di romagnaで出会った日本人女性のコックさん。
       街のホテルの厨房で働いていた彼女と過ごしたほんの少しの時間。
       公園の売店で、彼女はコーヒーをそして私はなぜだかカモミッラのお茶を頼んだ。
       その時店の人に「これから彼女(私)はお休み(寝る)するの?」と笑われたのだ。
       そして、その後温泉をくみに行く途中で話した自分たちの思い、今までの事、これからの事。 
       最後に「80歳になったらまた会いたいね。 それまでどんなことしてきたか話そう」
       これが彼女とした約束。その後彼女とは、道でばったり会えば話す程度で、
       それ以上特別にしている訳でもなかった。
       だけど彼女とした約束でなんだか繋がっていると思えた。
       Bagnoを離れる時も、これと言って別れを惜しく事もなく、朝早く彼女の部屋の横を
       私はスーツケースを引きずり通り過ぎていた。
       だから、カモミッラ。。。という言葉であの時を、あの約束と彼女を思い出す。


         * * * * * * * * * * * * * * * * *  *


       そして、昨年秋。
       途中で帰ってきてしまった事がどんな理由なのか、ようやく落ち着いた。
       私は。。。。
       料理(もちろんワインやその他食材全て)と思い出はいつもセット。
       だから、イタリアで出会った料理を作る時、ワインを飲むとき、食材の名前を思うと、当時の天気や風、
       部屋の中に差し込んでいた光、歩いた道、風景。。。。。
       何を考え、どんな話をし、そして作ってくれた人がどんな風に笑って、どんな風に
       私を見ていて。。。そのときの香りやその人の声のトーン。。。。
       連想ゲームの様にいろんな思い出が広がっている。
       人と人の関わり、人と人の思い、心、生活というものがそこにはあったから、
       たとえどんな事があったとしても、きちんと受け止め、受け入れられた。
       駆け引きなく、キチンと向き合って。

       だけど、昨年秋は
       それが全くなかったのだ。
       対人を感じれなかったのだ。
       人と人が関わっているという想いが感じれなかったのだ。
       風景も、風も光も香りも何もかも感じれなかった。
       心というものが感じれなかった。

       そう思った瞬間、そこにいる自分が無意味に思えた。
       そこにいる必要がないと思った。
       家族の元に帰ろう、私の思い出はGarfagnanaの3日間で十分。。と

       
       

         * * * * * * * * * * * * * * * * * *



       結局、人や想いや心なんだと。
       だれが偉いわけでも、すごいわけでもなく、想いや心がそこにあるかどうかだと。
       くさいけれど、その一言に尽きる。
       
       
       
       そして、昨晩 Liquore alla CAMOMILLA を飲みながら、約束をした彼女を思い出し、
       そのカモミッラの思い出に感謝した。



 
       
       
       
       
        
e0121545_1458999.gif

[PR]
Top▲ | by vruocculu | 2009-04-16 15:02 | 香り
<< 夫婦道。。。機嫌が悪い時こそワ... | ページトップ | MAROLO『 LIQUORE... >>


ファン
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
うちの食卓 Non so...
ねこのあくび
なんてことない毎日
パリときどきバブー  f...
青木純の歌う食べる恋をする
エミリアからの便り
◆ Mamma ho f...
la gru cucin...
butakoの2年間の休...
ユキキーナの日記
花と日々の徒然
オリーヴオイルを追いかけて
地中海と砂漠のあいだ  
パンダ通信
美味しいwineを求めて
トスカーナ オリーブの丘...
月桂樹~Laurus-n...
La Vita Tosc...
BUONA FORCHE...
おいしくやさしく
楽子の小さなことが楽しい毎日
オリーブとブドウ畑のあいだで
*イタリア料理紀行
ubsna
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ばなな気分
「ROMA」在旅写ライタ...
8階のキッチンから   ...
魚屋三代目日記
すごいのよォ~イタリアは...
世界たべあるき日記
イタリアを楽しもう!
ヴェネツィア ときどき ...
HEROのアナログな生活
pour toujours
ボローニャに暮らす
Villa Il-Ven...
畑のたからもの
ラグーザに流れるもの
Gattoのフォトブログ...
K's Diary*
北イタリア自然派生活
ブドウ畑の空に乾杯
カトルカールな毎日
おうち時間
ちりめん戯縫
イタリア料理スローフード生活
パスクィーノ ~ ローマ...
チャノマ。
しの的エッセンinドイツ
テーブルの上の地図帳 l...
grandi vini
フランスの暮らし
トスカーナのソムリエ
KICHI,KITCHEN 2
イタリアの朝
YPSILONの台所 Ⅱ
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
..., and trips
野菜ソムリエ+お菓子講師...
うひひなまいにち
木陰のランプ
過ぎたこと、過ぎて行くこと
ジェイクnoチカラ
可愛いものノート
Buona giorna...
ワインおたくの妻
ロビンと一緒にお茶しましょ♪
風の記憶 Villa I...
パンでできたドア
パルマの食と生活
PORTO CERVO の人々
おいしい料理写真の撮り方
la la la kit...
イタリア写真草子 Fot...
London Scene
オリーブオイル市場Blog
カザルパロッコのネコ(C...
山の中のイタリア料理店 ...
NO ANCHOVY, ...
伊津呂の気ままな写真日記...
穏やかな時間
un_voyage♪♪
爽やかホハ・ホーラ!
5丁目の小梅さん
♪Princess Cr...
Night Flight...
四季の光と風を感じて V...
Photoしませんか
イタリア料理教室のまかな...
morille et p...
風と花を紡いで
記事ランキング
タグ
最新のトラックバック
すみれ
from だからワイン通は嫌われる?
激うまパスタ!鰆とプチト..
from バツイチ男の気まぐれ料理
2009年1月に読んだ本
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
レバーな日々
from ワインおたくの妻
寒い日のリゾット ア・ラ..
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
スペルト小麦
from Gattoのフォトブログ 勝手口
最終、真空解除っ!!やは..
from VINO! VINO! sh..
大!大成功で午前中から酔..
from VINO! VINO! sh..
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧
" Snowflake dance 3C" Skin
by Animal Skin