Top

思い出の中の、そして現在の生活の中のワインと料理、食文化。人として思う事。。。
by vruocculu
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
タグ:料理 ( 173 ) タグの人気記事
Top▲ |
Dulcis coccora.......
e0121545_18385673.jpg

ここ数日のデスクワークから一転、一日中レシピおこしで終了。
お皿にどれくらい盛りつけるか、どんな風に盛りつけるか、バランスはどうか、スープは90ccでいいか.......タイムは「ふたつまみ」という表現でいいか、Farroの粉だけでなくて、煮た状態の麦をつぶして入れたほうがいいか? 盛りつけ写真........

前菜として盛り合わせで3品、スープ、そしてお菓子。
Testaroli作り。

そう、ホテルのシェフに最終的には作ってもらうのだから、
試作段階できちんと理解してもらうために
細かく表現しなければならない。 

で、他のお料理は当日のお楽しみとして、お菓子の写真を。

Dulcis coccoraをどーぞ。
ナツメ、クルミ、アーモンド、イチジク、ハチミツ、ザクロ、Farina di Farroそしてアリカ。

あと、3日で魚と肉料理を決定しなければ............
[PR]
Top▲ | by vruocculu | 2013-02-07 18:49 | 準備(23)
ネタ無しですが、11月22日に決定
e0121545_16293127.jpg


先週に引き続き、今週もPC前で資料集めと、本を読み続けています。
今は古代ギリシャ料理....です。
もうすぐ、古代エジプト料理の本が届くので、そちらも気になる所。



でも、本日は一つ見つけた面白いものがありました。
それだけで1日ハッピーな気分です〜それは11月のお楽しみです(^^



そして、イベント日は11月22日に決まりました。
現在の我が家(夫婦間)の事を思うと、
「いい夫婦の日」? で笑ってしまいましたけど.......
これは神様がちゃんと考えなさいっていってるんだなぁ〜と、神がかり的な日にちでビックリです。
去年の予定だったので、そしたら11月14日とか21日。
「いい夫婦」の日ではなくなるのです。
やっぱり、神がかり的です(^^;;;;;;;;;

で、本日は日記になりました。
ちゃん、ちゃん!
[PR]
Top▲ | by vruocculu | 2013-01-29 16:38 | 準備(23)
「食のイタリア塾」山猫とシチリア料理
e0121545_9421198.jpg

昨日は東京、中目黒にあるレストランテ カシーナ カナミッラにてすばらしい会がありましたので
参加させて頂きました。
尊敬しあこがれの長本和子さんのイタリア郷土料理の素敵なお店です。
以前から行きたいと思っておりましたがようやく行く事ができ、さらにオーナーの長本さんにも
「やっと会えた」と言って頂き本当に夢のようなひとときでした。

そして、ご一緒させていただいた皆様は素敵な方たちばかりで、出会いって素敵と思うばかりです。

cocoのブログさんとご一緒させていただきました!!!!

e0121545_1035917.jpg


e0121545_1043819.jpg

最後に「おっぱいドルチェ」を頂き、帰路についた訳ですが.......
それにしても、すごい吹雪でしたね〜
トンネルを抜けるとそこは雪国だった.......
いいえ、猛吹雪だった......(^^;;;;;



でも、出会いって本当に素敵です。
[PR]
Top▲ | by vruocculu | 2013-01-19 10:09 | その他・料理(222)
初心に戻るこの料理で。
e0121545_16442713.jpg

'97のイタリア・トスカーナ滞在の後半、フィレンツェでの1ヶ月間を過ごしたRinaの料理。
もう、この料理をはじめて食べたときの衝撃ったらありゃしない!!!!

ただ単に、タマネギとジャガイモとトマト、米(生)、パルメザンチーズを重ねてブロードを注ぎ、
オーブンで1時間ほど焼いただけの簡単料理TIELLA di RISO。

ジャガイモと米とタマネギとトマトを一緒に口に入れると、甘くってタマネギの香りと酸味。
お米も美味しくって、パルメザンチーズのコク♡
こんなにシンプルなのにどーしてこんなに美味しいのでしょう?
と、感激し滞在中何度かリクエストしてしまった覚えがあります。

来春から始まる講座(昼の部)第1回目は
そんな初心に戻るこのお料理からスタートします。

イタリア・マンマの食卓から(昼の部)
第1回目 トスカーナ州 フィレンツェRinaの食卓から
     トスカーナの伝統的なお料理と彼女の得意だった米料理を中心に
第2回目 エミリアロマーニャ州 温泉地バーニョディロマーニャRilianaの食卓から
     Rilianaの得意な手打ちパスタを中心にバルサミコの利用方法
第3回目 カンパーニャ州 ナポリTelesaの食卓から
     魚介料理とカプリのお菓子
第4回目 シチリア州 Consoliの食卓から
     シンプル野菜料理を中心に定番にしたいシチリア料理
第5回目 ウンブリア料理 Mariaの食卓から
     ウンブリアのほっこりスープと栗のお料理

と、こ〜んな感じにスケジュールも決まっています。
2月24日の朝刊に、MEDIA SHIPの講座チラシが入るそうですのでお楽しみにです!!!!!
[PR]
Top▲ | by vruocculu | 2013-01-13 17:06 | その他・料理(222)
菊芋とインゲン豆のミネストラ
e0121545_9133237.jpg

正直申しますと、『菊芋』なるものを知ったのはごく最近です。
初めて食べたのは2006年のイタリア滞在。 しかもピエモンテ。
Giavenoにある「La Betulla」というレストラン
e0121545_9223890.jpg
こ〜んなお料理♡タイトルはちょっと長いのですが。
lL SALMERINO COTTO al VAPORE CON il GAMBERO di FUME ACCOMPAGNATO da SALSA di TOPINAMBOURイワナに似た淡水魚とザリガニの蒸し焼き 菊芋のソース添え
このお料理の前に食べた「ポルチーニとフォアグラの蒸し物」も最高だったけど、なんせ菊芋に心奪われてしまっていました。

本当にお恥ずかしい限り...........

で、帰国後はこのお料理に似たものが作りたくて探しました。
どこにあるんだろうなぁ〜? ってウロウロしていたら直売所のほんの片隅に置いてあって、すっごく嬉しくてまねて作ったものでした。

それ以来、菊芋があると手に取ってしまう衝動にかられています(^^;;;

そこで。
まだまだ寒いこの季節、菊芋とインゲンのミネストラはいかがでしょうか?
[PR]
Top▲ | by vruocculu | 2013-01-11 09:35 | その他・料理(222)
必要に迫られて?『米粉でリンゴのタルト』
e0121545_16434520.jpg

いつまで『のっぺ』記事で放置しておくつもりか?
と、自分でも思ってしまいましたが (^^;;

昨日はオーブン料理の試作をじゃんじゃんやっておりました。
カボチャのオーブン焼き、鶏肉のオーブン焼き、タラのポルペットーネ。
そして、『米粉でリンゴのタルト』
必要に迫られて? というか流れに逆らう事が出来ずの小心者でちょっと試しにです。

寒い台所でも分離せずに作れる様に
卵と粉糖でまずもったりさせて、それからレモンの皮や牛乳などを加え、米粉を入れたら溶かしバターを入れます。 

本当は、室温で柔らかくしたバターに卵を入れて.....の順番ですが、
「この時期寒すぎる台所での室温柔らかくしたバターはちょっと大変」と、言われてしまったので作りやすい様に。


リンゴはちょっと大量に18cm型で1ヶと半分。1ヶ分を生地の中に、残りは飾りに。
このお菓子は来月の新発田ガスさんでの教室で作ります。


追記
お正月に再放送?
で「エルムンド」なる番組をご覧になられた方いらっしゃいますでしょうか?
カルド農家さんのお話や湖のイワシなどのお話、そして復活させたチーズのお話などがあったのですが、その復活させたピエモンテのチーズ『MONTEBORE』というチーズ。
私も2006のトリノ滞在の時、食べてました!!!Pza.San Carlo近くのSteffanoneというお店で。
みた事ない形のチーズだったので「これなぁーに?」と子供の様に聞いた所、お店の人が味見させてくれて、さらに説明までしてくれて!!
その時聞いたのはAlessandriaのチーズで別名ウエディングのチーズとも言われていると。
トローッとしてカマンベールを熟成させた感じで♡
e0121545_17122312.jpg

カルドも美味しそうだったなぁ〜
湖のイワシも食べてみたいなぁ〜
イタリアかぁ.......................
[PR]
Top▲ | by vruocculu | 2013-01-08 17:13 | その他・料理(222)
鮭文化新潟の「のっぺ」愛
明けまして おめでとうございます。
本年も拙いブログですがどうぞ宜しくお願い致します。

随分とダラダラ?した生活を送ってしまい、昨日は頭の回転がのろまでした??
さて、スタートさせましょうか? と思ってもなんだか脳みそがゆっくりしか動かないのが
よーく分かり、少しだけ焦ってしまいましたが、本日は通常モードです。

e0121545_12513163.jpg


年末30日にせっせと刻んだ材料。
里芋、大根、人参、筍、レンコン、ゴイ、干し椎茸、蒲鉾、なると、コンニャク、鶏肉、鮭。
別々に下茹でして大鍋にどーんと入れて、酒、みりん、醤油、干貝柱を投入して煮た
新潟の「のっぺ」なぜに「のっぺ」というのか? 
のっぺい汁とはいいません......「のっぺ」でございます。
トロミもつけませんし、汁がチャプチャプでもありません。
これを作るのが正月で、ひたすら食べ続け、毎年毎年
「今年はさんがにちでなくなったねー」とか「今年はまだあるねー」とか.....恒例です。
2013年今年はどうやら本日で無くなりそうで、良かった、良かった。

今年一年みなさまが幸せで、美味しいものとたくさん出会えますよーに............
本年もどーぞ、宜しくお願い致します。
[PR]
Top▲ | by vruocculu | 2013-01-03 13:07 | その他・料理(222)
絶品『あずき』...そしてちょっと早いけどご挨拶。
e0121545_841628.jpg

まずは。
イタリア菓子にとどまらず、洋菓子大好きな私です。
ですが、『あんこ』はそれ以上に大好きな甘味でございます。
しかも、『つぶあん』はそれだけをすくって食べ続けていられるくらい.....................
近所のだんごやさんへ『あんこ』大好きでどら焼きを求めて通いつめた事も(^^;;

そんな私に今までの中で一番おいしかった『あんこ』もとい『あずき』の缶詰が届きました。
缶詰〜? と、思われるかと。
しかし、しかしこれがまた美味しすぎて。

ふっくらと炊きあがった、しっかりとしたあずきの香りがして、餅と一緒じゃないのにあんころ餅みたいな香りもして、甘さはしっかりしているのに、塩でしまっていて、後味もすっきり口の中が綺麗になる。
もう、止められないひと缶です。
あなどるなかれ......失礼.....しました.....と、頭を下げてしまいたくなるくらい。

今年も終わりそうなこの時期、最後にとっても美味しい『あずき』に出会えました!!!!!!
もちろん、新潟のものです。
<うららこすど>の絶品『あずき』缶でした。

そして、
今、雪が降り続いている新潟です。

今年、皆様はどのような1年でしたでしょうか?
私は出会いがあり、再会があり。
再確認があり、学びがあり。
と、盛りだくさんの1年でした。

そして、お一人お一人を思いながら、また話した事を思い出しながら
年賀状も書き終え、クリスマスも終わり、年末まっしぐらです。
いち年、いち年早く感じてしまう事に少し焦りもありますが、こうして年をとっていくのも
また、楽しい事と腹をくくり(苦笑)、これからまた過ごして行きたいとも思っています。

さらに、拙いブログへお越しくださいました皆様。
本当にありがとうございました。皆様に感謝しております。
年女の来年も宜しくお願い致します。

これより主婦、実家の姉100%、全開となります。
お正月、妹や姪たちが帰るまでほんの少し、お休みをいたします。
(って、いままでも随分お休みしましたが)

皆様、いち年ありがとうございました。
そして、よいお年をお迎えください。
[PR]
Top▲ | by vruocculu | 2012-12-25 09:08 | その他・料理(222)
BUON NATALE でパネトーネ♪
BUON NATALE........ Dolce amica mia ......Ely........
e0121545_1115186.jpg



随分とずる休みをしてしまっていました??
記事にする事はたくさんあったのですが、落ち着いていませんでした。
変にクラウドなるものがあると、メールも何もかもPC開かずとも見れるからそちらに
頼ってばかり。 それはいけませんでした。

で、パンドーロに続きパネトーネを昨晩焼きました。    
徹夜です.........パネトーネ種、手捏ね、その他もろもろの理由で発酵に時間をかけたり、
様子をうかがいながら、なのでゆっくりとパネトーネの為だけの時間をとります。

まず。
家の環境は捏ねは手捏ね。 発酵は室温発酵とガスオーブンとオーブンレンジの発酵機能。
オーブンレンジの発酵機能は蒸気がでてとても良いのですが、水分が多すぎるので、
交互にガスオーブンの発酵機能も使用します。

パネトーネ種を作ります。
最初のイーストはこだわらずにドライイーストでもいいのです。
時間をかけてゆっくりと発酵させます。

1、100gの粉に対してドライイースト1gで良ーく捏ねてあたたかいところで
  3時間、室温で1時間。
2、最初に発酵させた中から100g、粉100g、ぬるま湯50gで捏ねます。
  (シミリたちはこれをフキンで包んでいましたが、ボール内でも)
  あたたかところで3時間そのまま室温で一晩発酵させます。
3、2の発酵させたものの表面の固い部分を取り除いて50g分を100gの粉と50gのぬるま湯で捏ねて  あたたいところで3時間、室温で1時間発酵させます。
4、3の発酵させたものからさらに100g分と100gの粉、50gのぬるま湯で捏ねて同じく温かいとこ  ろで3時間、室温で1時間........ふぅー
5、またまた、4の発酵させたものから100g、100gの粉、50gのぬるま湯で捏ねて3時間、1時間

さぁーこれからやっとパネトーネ本題に入ります。

e0121545_1174158.jpg


パネトーネ型(底10cm)のもの6ヶ分
1、粉225g、 5の発酵させたものから120g、卵黄3ヶ、グラニュー糖80g、バター80gを捏ねま  す(ここはオーブンレンジの発酵機能を使用しました:大体1時間くらい、その後ガスオーブン  の発酵機能の方へ30分くらい)
  3〜4倍まで発酵させる
2、次に粉180g、1の生地全量、サルタナレーズン250g、オレンジピール・シトロンピールそれぞ  れ90g、ヴァニラビーンズ1本、ぬるま湯60g、スキムミルク16g、グラニュー糖40g、
  はちみつ10g、モルトシロップ5g、卵黄4ヶ、塩4g、バター100gこれをよーく捏ねて、
  280gくらいに分けてパネトーネ型に入れ発酵させます(最初はオーブンレンジの発酵機能の方  で、その後ガスオーブンの発酵機能の方へ)
  型の淵くらいまで発酵させる
3、180℃のオーブンで17〜20分焼きます



これはやっぱり購入した方がいい?
以前はこの時期作って教室のクリスマス会の時にみんなで食べていたのですが、ここ数年は........
怠けておりました。なんせ時間がかかるのと、様子を見続けるのにちょっと大変.....
美味しいものを食べたければ、それくらいの覚悟は必要ですが、パンはパン屋さん。
イタリアでもパネトーネやパンドーロは購入するし、まぁいいか....なんて甘えて、覚悟が出来ませんでした。 しかし、今年は友人から「パネトーネを作る用に」って送ってもらった材料を無駄にする訳にはいきませんので、覚悟を決めて昨夜決行だったのです。

おかげで、今でもパネトーネの甘い香りが自分の体の周りをまとわりついています♡

パネトーネも焼き上がって、クリスマスモード全開。
今週末のみんな会を楽しみにしております.............
[PR]
Top▲ | by vruocculu | 2012-12-12 11:16 | その他・料理(222)
200ccのミルト酒.........
e0121545_10291058.jpg


ちょっと泡、泡してますが??
本日シロップと合わせて、ようやく『200ccのミルト酒』が出来ました。

たった200ccなんて恥ずかしいですね〜
本当は1ℓくらい作れればいいのですが。
来年は木が少し大きくなって、花も実もたくさんつけてくれますように.........

ちょっとボールに残ったものを、ひと舐め♡
お、い、し、い♡

もう少しなじませたいので、来年初回の教室で飲みますか!!!!!!!



で、Pandoroですがやっぱり時間がたった方が美味しいですね〜
そして、再びまさに今、発酵中です♡

[PR]
Top▲ | by vruocculu | 2012-11-29 10:34 | その他・料理(222)
| ページトップ |


ファン
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
うちの食卓 Non so...
ねこのあくび
なんてことない毎日
パリときどきバブー  f...
青木純の歌う食べる恋をする
エミリアからの便り
◆ Mamma ho f...
la gru cucin...
butakoの2年間の休...
ユキキーナの日記
花と日々の徒然
オリーヴオイルを追いかけて
地中海と砂漠のあいだ  
パンダ通信
美味しいwineを求めて
トスカーナ オリーブの丘...
月桂樹~Laurus-n...
La Vita Tosc...
BUONA FORCHE...
おいしくやさしく
楽子の小さなことが楽しい毎日
オリーブとブドウ畑のあいだで
*イタリア料理紀行
ubsna
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ばなな気分
ROMA -旅写ライター...
8階のキッチンから   ...
魚屋三代目日記
すごいのよォ~イタリアは...
世界たべあるき日記
イタリアを楽しもう!
ヴェネツィア ときどき ...
HEROのアナログな生活
pour toujours
ボローニャに暮らす
イタリア・絵に描ける珠玉...
Villa Il-Ven...
畑のたからもの
ラグーザに流れるもの
Gattoのフォトブログ...
八丁堀女将日記(Hatc...
K's Diary*
北イタリア自然派生活
ブドウ畑の空に乾杯
カトルカールな毎日
おうち時間
ちりめん戯縫
イタリア料理スローフード生活
パスクィーノ ~ ローマ...
チャノマ。
しの的エッセンinドイツ
テーブルの上の地図帳 l...
grandi vini
フランスの暮らし
トスカーナのソムリエ
KICHI,KITCHEN 2
イタリアの朝
YPSILONの台所 Ⅱ
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
..., and trips
野菜ソムリエ+お菓子講師...
うひひなまいにち
木陰のランプ
過ぎたこと、過ぎて行くこと
ジェイクnoチカラ
可愛いものノート
Buona giorna...
ワインおたくの妻
ロビンと一緒にお茶しましょ♪
風の記憶 Villa I...
パンでできたドア
パルマの食と生活
PORTO CERVO の人々
おいしい料理写真の撮り方
la la la kit...
イタリア写真草子 - F...
London Scene
オリーブオイルのある生活
カザルパロッコのネコ(C...
山の中のイタリア料理店 ...
NO ANCHOVY, ...
伊津呂の気ままな写真日記...
穏やかな時間
un_voyage♪♪
爽やかホハ・ホーラ!
5丁目の小梅さん
♪Princess Cr...
Night Flight...
四季の光と風を感じて V...
Photoしませんか
イタリア料理教室のまかな...
morille et p...
風と花を紡いで
記事ランキング
タグ
最新のトラックバック
すみれ
from だからワイン通は嫌われる?
激うまパスタ!鰆とプチト..
from バツイチ男の気まぐれ料理
2009年1月に読んだ本
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
レバーな日々
from ワインおたくの妻
寒い日のリゾット ア・ラ..
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
スペルト小麦
from Gattoのフォトブログ 勝手口
最終、真空解除っ!!やは..
from VINO! VINO! sh..
大!大成功で午前中から酔..
from VINO! VINO! sh..
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧
" Snowflake dance 3C" Skin
by Animal Skin