Top

思い出の中の、そして現在の生活の中のワインと料理、食文化。人として思う事。。。
by vruocculu
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
タグ:ブルーノとの試飲 ( 11 ) タグの人気記事
Top▲ |
サルデーニャを思い出した【VERMENTINO di GALLURA  D.O.C.G】
ブルーノとの試飲(10)

SARDEGNA(サルデーニャ)のワイン登場である。
ブルーノはイタリア全ての州の代表的なワインを用意していてくれていたそうだ。しかし、彼との授業は3週間しかないから後半は猛スピード。そして、彼の予定から行くと前州の地形、品種、代表的なワイン、その説明をとにかく、とにかくやりたいという希望。
そして、この日、試飲したワインで若かりし頃のサルデーニャの旅を思い出したのだ。

VERMENTINO di GALLURA D.O.C.G
e0121545_19471063.jpg



VITIGNIvermentinoブドウ品種:ヴェルメンティーノ


VISIVO<視>
COLOREgiallo pallito/verde色:薄い麦わら色/少し緑がかっている
TONALITA`poco intenso色調:軽い色調
LIMPIDEZZAlimpido透明度:澄
PERSISTENZA0
FINEZZA0
CONSISTENZA0


OLFATTIVO<嗅>
INTENSITA`intenso香りの強さ:強い(個性的)
PERSISTENZAabb持続性:程よく続く
FINEZZAfine香りの質:心地よくデリケート
FRANCHEZZAschietto香りの質:きれい
DESCRIZIONEfruttato香り:フルーツ


GUSTO<味>
ALCOOLmolto cardoアルコール:しっかりとしている
CORPOpieno濃さ:コクがある
ZUCCHERIsecco糖:辛口
ACIDITAsapido/acido酸:風味/酸味よい
MORBIDEZZArotondo/morbido柔:まろやか/やわらかい
TANNICITA`0
EQUILIBRIOequilibbratoバランス:味、香りのバランスよい
EVOLUZIONEmaturo熟成している
SENSAZIONEfrutta matura熟したパイナップル、リンゴ。ライチの香り



e0121545_22311874.jpg

e0121545_22314338.jpg

e0121545_22271877.jpg
SARDEGNA(サルデーニャ島)といえば十数年前に行った事があるが、CAGLIARIのあのレストランは今も健在だろうか?  海岸線にあるレストランで、食事が終わった後、海へ走って行った事を今でも思い出す。 (あの頃は若かった&世間知らず&イタリア知らずの20代後半・・・)




e0121545_22325541.jpg

e0121545_22331181.jpg

e0121545_22332480.jpg

これらの料理に合わせた訳ではないが、↑【VERMENTINO di GALLURA】は甲殻類・のグリル、煮込み。  魚介類の煮込みに合うという事だ。  



cvitavecchiaの港から船に乗り翌日の朝サルデーニャ島に到着し、そのまま COSTA SMERALDAエメラルド海岸をバスは走り、昼食のホテルに到着したが、島に到着して初めて食べた料理は魚ではなく、肉料理だった・・・・・・。
e0121545_1005837.jpg

e0121545_1013610.jpg


島の滞在は3日間と短かったけれど、COSTA SMERALDA(エメラルド海岸)からNUORO(ヌオーロ)地方、その山のレストランでであったパン、 初日の食事で出されたお菓子、最後の日のレストランでの魚料理は今思い出しても興味が沸く物ばかりだった。

e0121545_10242747.jpg
Pane Carasau(パーネ カラサウ)
五線譜のパンとも言われている
紙の様に薄く、焼くと五線譜のようなヒビが入る。 羊飼いのパン。

e0121545_10454185.jpg








Seadas(セアダス)
小麦粉と卵、ラードで生地を作り中にチーズを入れてはさみ油で揚げて、
サルデーニャのほろ苦いハチミツ(セイヨウヤマモモ)をかけたもの

e0121545_10582560.jpg






Mostaccioli(モスタッチョリ)
本来は小麦粉とモスト・コット(白ブドウの絞り汁を煮詰めたもの)だけで生地を作り焼くだけのお菓子。素朴な優しい味のお菓子である。











ブルーノのセレクトのおかげで、記憶の片隅に追いやられていた(でも忘れていない)サルデーニャ島での思い出を甦らせることが出来た。そして、あのときは本当に料理の知識もなく、ワインの事なんか全く分からず訪れていた島をこうしてブログという場所を借りて再認識出来た事を嬉しく思う。 
(機会があったら、サルデーニャの思い出も語れたら・・・)

ありがたい、ありがたい。


して、ブルーノとの試飲もあと6本・・・・・・・。


e0121545_21172012.gif

[PR]
Top▲ | by vruocculu | 2007-10-16 11:13 | オルヴィエート
LIQUIRIZIA と MANDORLA AMARA(リコリスと苦アーモンド)
授業のときに出て来た言葉。
LUQUIRIZIA と MANDOLA AMARA(リコリス/苦アーモンド)
リコリスは甘草であるが、再度これを思い出そうとしてもはっきりと思い出せなかった。
(あの、薬草臭い、黒い物体・・・苦いあれでしょ?   わかるけど・・・・・)こんな感じ。
リキュールになっている物もあるらしいけど、それはまだ見た事がなかった。

苦アーモンド?  これってアーモンドが苦いの?
どんな苦さ? と疑問に思っていた。 でも、これがワインの感じる香り? 苦さ? それより苦アーモンド
が知りたい!!!

ちなみにどんなブドウの品種でこの2種の表現が出て来たか。

NEBBIOLO(ネッビオーロ)
Sensazioniバラ、すみれ、サクランボ、黒イチゴ、ラズベリー、ヘーセルナッツ、干し草、ドライフルーツ、
       香辛料、タール、なめし皮、LIQUIRIZIA

GAVI(ガヴィ)
Sensazioniフレッシュハーブ、干し草、枯れたブドウの葉、ライム、サクラの花、MANDORLA AMARA

DOLCETTO(ドルチェット)
Sensazioniサクランボ、アマレーナ、ドライプルーン、LIQUIRIZIAMADORLA AMARA

など。
ブルーノに【苦アーモンド】を試したい事を伝え、店を教えてもらい早速出かけた。
中世から続いているというDROGHERIA食料雑貨店の “ SVIZZERA ” という店。 そこで苦アーモンドを買う。(LIQUIRIZIAも)
e0121545_1257369.jpg

e0121545_12574252.jpg
ブルーノのところへこれを持って行く。 ブルーノは「結構です!」と突っ返すからおかしい? そのあげく、「よくそんな物、本当に買って来たね」とも。  (なにそれ?)

「味見してみた?」
いいえ、まだ。  ブルーノも味見する?
「いらないよ!」
で、どんな感じに苦いの?
「食べてごらん」
の言葉に1っ口に入れようとしたら、ブルーノは慌てて
「ダメダメ!!  」
じゃー、半分?
「もっと、少なく」
えーーー?!  と、1/4ぐらい口に入れてみた。
な〜んにも苦くないじゃない・・・・・・・・・


うわっ!!  来たぁーーー!!
にっがいもんじゃーない!!

とんでもなく、苦い。
はばけてしまうくらい苦い薬があるけど、略それくらい。 とんでもないものだ。
これをどうワインに結びつけているのかよく分からない。 普通のアーモンドとどの部分で区別して、その【SENSAZIONE】感じる香りになるのか? 鼻から抜けるときの香りなんか、苦さが先に出てそんなもの感じない・・・・・。 いつまでたってもその苦さが口の中を支配してどーもこーもならなかった。

ただ、この苦いアーモンド。  スティしていたアパート隣下のpizzeriaのおじさん曰く。
「アーモンドプードルを作る時、普通のアーモンドに苦アーモンドを少量混ぜて作り、それをタルト生地に混ぜると美味しいんだよ。」   ふーーーん。
あと、喉にいいとか・・・・・言ってたなぁ〜。

そして、LIQUIRIZIA(リコリス)これは甘草。 黒い物体のキャンディーとかでよく見るそれ。(↑写真奥)

e0121545_1338225.jpg

TABACCHIとかBAR のレジ脇にちょっとしたお菓子が並んでる所に、こ〜んなものがあったりする。 私は好きだけれど以外と嫌いな人も居る?


今回のOrvieto滞在後行ったTorinoのメルカートで、初めてこのリキュールを見つけた。
e0121545_13425532.jpg

e0121545_13431746.jpg


これが、そのリキュールなのかぁ〜。  実に体によさそーである。


リコリスはともかく、「苦アーモンドはそのまま口にするもではない」と言う事を知った。
[PR]
Top▲ | by vruocculu | 2007-10-09 13:50 | オルヴィエート
たかだか、ルーコラ1cm
ブルーノとの試飲会 (9)  ワインと料理


「今度は、肉料理で・・・」
のブルーノの言葉に少しだけ反応した自分がいた。
ようやく、美味しい赤ワイン登場かしら?

そこで、シェフにリクエスト。
「明日は赤ワインらしいから、肉料理でお願いしまーす!」
で、彼が教えてくれたのが、
TASCA DI TACCHINO RIPIENI HAI FUNGHI crema vino rosso
INVOLTINI DI MANZO E PROSCUTTO AL PROFUMO DI FINOCCHIO e RADICCHIO COTTO

tasca di pollo は盛りつけた時にパンとルーコラも添えられて、
ズッキーニとニンジンのオリーブオイル炒めもあった。
この、<ルーコラ>がくせ者になるとは・・・・・・・・。

ワインはこの2本
MONTE REALE(Grave del friuli merlot)
ROSSO TOSCANO
e0121545_8381333.jpg
e0121545_8383689.jpg


料理の評価
TACCHINO DI VINO ROSSO(キノコを詰めて赤ワインで煮込んだ料理)
油、脂肪分1.5
アロマ、辛、香辛料2
甘、苦2.5
奥深さ、コク3
バランス、複雑性3

INVOLTINI DI MANZO(牛肉にプロシュト、チーズを巻いて焼いたもの。ラディッキォ)
油、脂肪分2
アロマ、辛、香辛料3
甘、苦2.5
奥深さ、コク3
バランス、複雑性3

きたーーーーー!!!!
どう考えたって、TACCHINOと牛肉、しかもラディッキオとルーコラの甘、苦の評価が同じと言う事に悩む。
牛肉でラディッキオの方は2.5かもしれないが、どーして?
たかだか、0.5の違いが納得いかない。

ブルーノ曰く・・・

「料理はトータルだからね。 そこに添えられたもの全てが影響して来る。それが、ほんの少し
 のルーコラでも一緒に口の中に入るんだから」

でも、ほんの少し。  
1cm長さのルーコラ1つでポイント0.5追加されるなんて。


そんなに、ちがうのかぁ〜?

違うらしい・・・・・
そう言われてから、食べてみるとそんな気がして来るから、不思議だ。
本当に不思議だ・・・・・。

それにしても、ラディッキオ1/4のソテーと牛肉よりルーコラ1cmの方が強烈って事自体が面白い。

さて、ワインの評価
MONTE REALE (merlot)
酸、タンニン2.5
柔らかさ、アロマ3
甘、辛2
コク2.5
複雑、バランス2.5

ROSSO TOSCANO(san giovese)
酸、タンニン3
柔らかさ、アロマ2
甘、辛1.5
コク3
複雑、バランス2

となった。
この日はワインよりも、

ルーコラ1cm

が記憶に残っている・・・・・。
[PR]
Top▲ | by vruocculu | 2007-09-04 21:10 | オルヴィエート
まずはお見舞い・・そしてBARBERA    
まずは、新潟在住として。
本日の中越沖地震において、
被害に遭われた方々にお見舞いを申し上げます。

新潟市内は最初の地震で震度5強と3年前の地震より、より強く
揺れを感じ、怖かったです。
前回と同じような箇所での地震で、そちらの地域の方々、
今後の余震にお気をつけ下さいますよう、
又、原発が或る地域の方々、くれぐれもお気をつけ下さいますよう、
心より心配しております。

そして、隣県長野県の被害に遭われた方々、お見舞い申し上げます。



ブルーノとの試飲会  (7)

e0121545_14292976.jpg


VITIGNIbarberaブドウ品種バルベーラ

VISTO<視>
COLORErubbino色:ルビー色
TONALITAintenso色調:しっかりとした色調
LIMPIDEZZAlimpido透明度:澄
PERSISTENZA0
FINEZZA0
CONSISTENZA0

OLFFATIVO<嗅>
INTENSITAabb.香りの強さ:程よい
PERSISTENZAabb.持続性:良い
FINEZZAabb.香りの質:十分良い
FRANCHEZZAschietto香りの質:心地よくきれいに香る
DESCRIZIONEfruttato香り:フルーツ(チェリー系)

GUSTO<味>
ALCOOLcardoアルコール:程よいアルコール
CORPOpieno濃さ:しっかりとしている
ZUCCHERIsecco糖:辛口
ACIDITAacido酸:程よい酸
MORBIDEZZA柔:柔らかくまとわりつく感
TANNICITApocoタンニン:Giust.tannico:ほどよいタンニン
EQUILIBRIOabb.バランス:ほどよいバランス
EVOLUZIONEpronto熟度:丁度良い
SENSAZIONEfichi secchi,blueberry,


香り・・・フルーツといってもいろいろ。
難しい・・・・。
ダークチェリー、干しプルーン・・・・。

でも!!!!

私はどーしても、ドライ無花果を口に入れて、
良ーく噛んだときのあの香りがした!!!
初心者はこれだから困るよなーって言われそーだ・・・・。

思い込んだらそれしか浮かばないから、困ってしまう。(反省)
[PR]
Top▲ | by vruocculu | 2007-07-16 15:19 | オルヴィエート
LISON PRAMAGGIORE Merlot
ブルーノとの試飲会 (6)

e0121545_10331128.jpg


VITIGNImerlotブドウ品種:メルロー

VISIVO<視>
COLOREchiaretto色:明るい赤
TONARITApoco intenso色調:軽い
LIMPIDEZZAlimpido:透明度:澄
PERSISTENZA0
FINEZZA0
CONSISTENZA0

OLFATTIVO<嗅>
INTENSITAabb.香りの強さ:適度に香る
PERSISTENZAabb.持続性:そこそこ
FINEZZAfine香りの質:心地よい
FRANCHEZZAschietto香りの質:きれい
DESCRIZIONEfruttato香り:フルーツ

GUSTO<味>
ALCOOLleggeroアルコール:軽い
CORPOleggero濃さ:軽い
ZUCCHERIsecco甘:辛口
ACIDITAfrescovivo,sapido酸:爽やかでバランスのとれた酸味
MORBIDEZZApoco柔:少し棘のある感
TANNICITApocoタンニン:少し感じる
EQUILIBRIOabb.バランス:適度
SENSAZIONEvinoso:ブドウの絞り汁を思わせる若々しさ



エーーット・・・
同じLison Pramaggiore(ヴェネト州)。
濃いめのルビー色、紫の木イチゴ、グミの香り。軽い辛口で後味に
若いタンニンが残る・・・・・んだそうです。
ピンク・ペッパーってどんな香りだったっけ?
グミって、子供の頃「そろばん塾」の玄関先にあったグミの実を先生が来るのを待ちながら
食べた記憶が甦って来るワー!!
あの、酸味と青味。そして、かすかな甘み・・・・とあのどくとくな柔らかさ。
あの頃って、そーゆーものを喜んでたなぁー。

でも、今グミの木
みないなぁ〜?
[PR]
Top▲ | by vruocculu | 2007-07-08 11:15 | オルヴィエート
GRECHETTO DELL'UMBRIA
ブルーノとの試飲会  5
e0121545_14422100.jpg


VITIGNIgrechettoブドウ品種:グレケット
e0121545_1444936.jpg


VISIVO<視>
COLOREgiallo pallido色:薄い黄色
TONALITA`poco intenso色調:そこそこ
LINPIDEZZAcristarino透明度:クリスタルのように澄んでいる
PERSISTENZA0
FINEZZA0
CONSISTENZA0


OLFATTIVO<嗅>
INTENSITA`abb香りの強さ:そこそこ
PERSISTENZAabb持続性:3秒ほどで消える
FINEZZAfine香りの質:弱い
FRANCHEZZAschietto香りの質:清らか 澄んでいる
DESCRIZIONEfruttato香り:フルーツ


GUSTO<味>
ALCOOL leggeroアルコール:控えめ感
CORPOleggero濃さ:軽い
ZUCCHERIsecco糖:辛口
ACIDITA`fresco vivo酸:爽やかな酸味
MORBIDEZZApoco morbido柔:スッとした感じ
TANNICITA`carenteタンニン:ほとんど感じない
EQUILIBRATOabbバランス:まあまあ
EVOLUZIONEpronto飲み頃

SENSAZIONEretrogusto frutta verde  未熟又は青い果物系の香り、木の香り





んーーー。

どうなんでしょう?
麦わら色?  パイナップル、熟れたパンションフルーツ?
私たちの感じ方が足りなかったんでしょう・・・・・・・・・。
感性を、感じる鼻を、感じる記憶を、研ぎすまします。
[PR]
Top▲ | by vruocculu | 2007-07-02 15:29 | オルヴィエート
Merlot delle venezia 2005
ブルーノとの試飲会  4


e0121545_1014281.jpg


VITIGNImerlotブドウ品種:メルロー

<VISIVO>視
COLOREchiaretto色:透明な赤
TONARITApoco intenso色調:澄んだトーン
LIMPIDEZZAlimpido透明度:澄んでいる(明るいではない)
PERSISTENZA0
FINEZZA0
CONSISTENZA0

<OLFATTIVO>嗅
INTENSITAabb香りの強さ:適度
PERSISTENZAabb持続性:適度
FINEZZAabb香りの質:適度
FRANCHEZZAschietto香りの質:濁り無く香る
DESCRIZIONEfragrante香り:花・フルーツの香り

<GUSTO>味
ALCOOLleggeroアルコール:軽
CORPOleggero濃:軽
ZUCCHERIsecco糖:辛口
ACIDITAsapido酸:バランスよい酸味
MORBIDEZZAmorbido柔:柔らかい、滑らか
TANNICITAgiustamentoタンニン:程度なタンニン
EQUILIBRIOabbバランス:バランスよい
EVOLUZIONEpronto飲み頃

SENSAZIONEretro orfattivo: rosa,pela matura薔薇、熟した洋梨、シロップ煮のシロップ


「甘い」 と 「柔らかい」の違い・・・・・。
ブルーノにいつも間違っている!!!!と言われていた。
舌のどの部分で何を感じるのか?

そう、いっつも

甘い柔らかい を探してた。
[PR]
Top▲ | by vruocculu | 2007-07-01 11:12 | オルヴィエート
CORTE VICARIA 2005 chardonnay VENETO
ブルーノとの試飲会 3
e0121545_9134542.jpg


VITIGNIchardonnayブドウ品種:シャルドネ

<VISIVO>視
COLOREincolore色:水のような黄色
TONARITAevanescente色調:薄い
LIMPIDEZZAcristallino透明度:クリスタル感
PERSISTENZA0
FINEZZA0
CONSISTENZA0

<OLFETTO>嗅
INTENSITA`abb.香りの強さ:程よい際立ち
PERSISTENZAabb.持続性:ふっと消えていく
FINEZZAfine香りの質:適度な心地よさ
FRANCHEZZAschietto香り:清らか
DESCRIZIONEfloreare香り:フローラル系の香り(白い花)

<GUSTO>味
ALCOOLcardoアルコール:適度なアルコール感
CORPOdi corpo濃:しっかりとしている
ZUCCHERIabbocato糖:かすかに甘さを感じる
ACIDITAfresco vivo酸:爽快な酸味
MORBIDEZZApoco morbido柔:角が残る感
TANNICITA`carenteタンニン:感じない
EQUILIBRIOabb.バランス:可もなく不可もなくabbastanza
EVOLUZIONEpronteちょうど良い飲み頃
SENSAZIONE白百合を思わせる清潔感、清楚感


これは、いろいろで・・・
人によっては「若いパイナップル、焼きリンゴ、レモンバーム、青リンゴ」などの香りがするそーです。でも、ここでも<菩提樹の花>の香りがあって、一体菩提樹の花どんな香りするんだろー?     (ちなみにブルーノはアカシアの花の香りがすると言ってましたが)

でも、まぁーイタリア人のブルーノと日本人の私の2人での試飲。香りの記憶も表現も違う事は否めない。

菩提樹の花・・・・・・。 気になる・・・・・・。
[PR]
Top▲ | by vruocculu | 2007-06-25 10:04 | オルヴィエート
NEGRO AMARO del SALENTO 2005
ブルーノとの試飲会 2
e0121545_1172459.jpg


VITIGNInegro amaroブドウ品種:ネグロ・アマーロ

<VISIVO>視
COLORErosso rubino色:ルビー色
TONARITAmolto intenso色調:強い
LIMPIDEZZAlimpido透明度:濁りの無い色
PERSISTENZA0
FINEZZA0
CONSISTENZA0

<OLFETTO>嗅
INTENSITA`abb.香りの強さ:適度な際立ち
PERSISTENZAabb.持続性:軽い
FINEZZAfine香りの質:適度な心地よさ
DESCRIZIONEfruttato香り:プルーン、ブルーベリーなどのフルーツの香り

<GUSTO>味
ALCOOLcaldoアルコール:適度なアルコール感
CORPOdi corpo濃:しっかりとしている
ZUCCHRIsecco糖:辛口
ACIDITA`fresco vivo酸:軽い酸味
MOLBIDEZZAmorbido柔らかさ:適度な包み込み感、まとわり感
TANNICITA`giustamenteタンニン:morbidezzaと釣り合う丁度よいタンニン
EQUILIBRIOabbバランス:丁度良いバランス
EVOLUZIONElegger.vecchio軽い熟成度

SENSAZIONE,RETRO GUSTO飲み後黒すぐり、古い木材の香りが残る



2本目の試飲報告!!!!!!

「濃いルビー色、ヨード、干しプルーン、ブルーベリージャム、干し草の香り・・・・」

とあった、ヨードってヨードチンキの香りでいいんかしら?
[PR]
Top▲ | by vruocculu | 2007-06-24 11:58 | オルヴィエート
PROSECCO VENETO
ブルーノとの試飲会 1
e0121545_9355625.jpg


VITIGNIproseccoブドウ品種:プロセッコ

<VISIVO>視
COLOREgiallo pallido色:柔らかな黄色
LIMPIDEZZAbrillante透明度:光感のある透明感
PERSISTENZApoco気泡:若々しい
FINEZZAfine気泡:細かい気泡
CONSISTENZAscarso気泡:若々しい細かい気泡が素早く消えていく感

<OLFETTIVO>嗅
INTESITAleggero香りの強さ:軽いかすかな香り
PERSISTENZApoco sistenza持続性:すっと消えていく
FINEZZAfine香りの質:心地よい
FRANCHETTOschietto香り:清らかな香り
DSCRIZIONEfruttato香り:心地よい清らか(清々しい)、青リンゴ、グレープフルーツの香

<GUSTO>味
ALCOOLleggeroアルコール:軽い
CORPOleggero濃:軽い
ZUCCHERIabbocato糖:かすかな甘さ
ACIDITAacidulo酸味:心地よい酸味
MORBIDEZZAmolbido柔らかさ:適度な包み感
TANNICITA`carenteタンニン:0
EQUILIBRIOabb.バランス:バランス良い
EVILUZIONEpronto時期:飲み頃



といった感じで試飲をしていく事になる。
よく、ワインの本でいろいろな表現の仕方がある。ちなみに日本の本の中では、
「緑色を帯びた麦わら色。持続性のある気泡。イースト、青リンゴ、洋梨、スターフルーツ、
菩提樹の花の香り、心地よい酸味爽やかな辛口」
とある。

でも、私は菩提樹の花の香りを嗅いだ事が無く、どんな香りなんでしょう?
どこか、近所に菩提樹のあるお宅ないかしら?
[PR]
Top▲ | by vruocculu | 2007-06-24 10:54 | オルヴィエート
| ページトップ |


ファン
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
うちの食卓 Non so...
ねこのあくび
なんてことない毎日
パリときどきバブー  f...
青木純の歌う食べる恋をする
エミリアからの便り
◆ Mamma ho f...
la gru cucin...
butakoの2年間の休...
ユキキーナの日記
花と日々の徒然
オリーヴオイルを追いかけて
地中海と砂漠のあいだ  
パンダ通信
美味しいwineを求めて
トスカーナ オリーブの丘...
月桂樹~Laurus-n...
La Vita Tosc...
BUONA FORCHE...
おいしくやさしく
楽子の小さなことが楽しい毎日
オリーブとブドウ畑のあいだで
*イタリア料理紀行
ubsna
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ばなな気分
「ROMA」旅写ライター...
8階のキッチンから   ...
魚屋三代目日記
すごいのよォ~イタリアは...
世界たべあるき日記
イタリアを楽しもう!
ヴェネツィア ときどき ...
HEROのアナログな生活
pour toujours
ボローニャに暮らす
イタリア・絵に描ける珠玉...
Villa Il-Ven...
畑のたからもの
ラグーザに流れるもの
Gattoのフォトブログ...
八丁堀女将日記(Hatc...
K's Diary*
北イタリア自然派生活
ブドウ畑の空に乾杯
カトルカールな毎日
おうち時間
ちりめん戯縫
イタリア料理スローフード生活
パスクィーノ ~ ローマ...
チャノマ。
しの的エッセンinドイツ
テーブルの上の地図帳 l...
grandi vini
フランスの暮らし
トスカーナのソムリエ
KICHI,KITCHEN 2
イタリアの朝
YPSILONの台所 Ⅱ
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
..., and trips
野菜ソムリエ+お菓子講師...
うひひなまいにち
木陰のランプ
過ぎたこと、過ぎて行くこと
ジェイクnoチカラ
可愛いものノート
Buona giorna...
ワインおたくの妻
ロビンと一緒にお茶しましょ♪
風の記憶 Villa I...
パンでできたドア
パルマの食と生活
PORTO CERVO の人々
おいしい料理写真の撮り方
la la la kit...
イタリア写真草子 - F...
London Scene
オリーブオイルのある生活
カザルパロッコのネコ(C...
山の中のイタリア料理店 ...
NO ANCHOVY, ...
伊津呂の気ままな写真日記...
穏やかな時間
un_voyage♪♪
爽やかホハ・ホーラ!
5丁目の小梅さん
♪Princess Cr...
Night Flight...
四季の光と風を感じて V...
Photoしませんか
イタリア料理教室のまかな...
morille et p...
風と花を紡いで
記事ランキング
タグ
最新のトラックバック
すみれ
from だからワイン通は嫌われる?
激うまパスタ!鰆とプチト..
from バツイチ男の気まぐれ料理
2009年1月に読んだ本
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
レバーな日々
from ワインおたくの妻
寒い日のリゾット ア・ラ..
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
スペルト小麦
from Gattoのフォトブログ 勝手口
最終、真空解除っ!!やは..
from VINO! VINO! sh..
大!大成功で午前中から酔..
from VINO! VINO! sh..
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧
" Snowflake dance 3C" Skin
by Animal Skin