Top

思い出の中の、そして現在の生活の中のワインと料理、食文化。人として思う事。。。
by vruocculu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
タグ:ピエモンテ ( 19 ) タグの人気記事
Top▲ |
菊芋とインゲン豆のミネストラ
e0121545_9133237.jpg

正直申しますと、『菊芋』なるものを知ったのはごく最近です。
初めて食べたのは2006年のイタリア滞在。 しかもピエモンテ。
Giavenoにある「La Betulla」というレストラン
e0121545_9223890.jpg
こ〜んなお料理♡タイトルはちょっと長いのですが。
lL SALMERINO COTTO al VAPORE CON il GAMBERO di FUME ACCOMPAGNATO da SALSA di TOPINAMBOURイワナに似た淡水魚とザリガニの蒸し焼き 菊芋のソース添え
このお料理の前に食べた「ポルチーニとフォアグラの蒸し物」も最高だったけど、なんせ菊芋に心奪われてしまっていました。

本当にお恥ずかしい限り...........

で、帰国後はこのお料理に似たものが作りたくて探しました。
どこにあるんだろうなぁ〜? ってウロウロしていたら直売所のほんの片隅に置いてあって、すっごく嬉しくてまねて作ったものでした。

それ以来、菊芋があると手に取ってしまう衝動にかられています(^^;;;

そこで。
まだまだ寒いこの季節、菊芋とインゲンのミネストラはいかがでしょうか?
[PR]
Top▲ | by vruocculu | 2013-01-11 09:35 | その他・料理(222)
必要に迫られて?『米粉でリンゴのタルト』
e0121545_16434520.jpg

いつまで『のっぺ』記事で放置しておくつもりか?
と、自分でも思ってしまいましたが (^^;;

昨日はオーブン料理の試作をじゃんじゃんやっておりました。
カボチャのオーブン焼き、鶏肉のオーブン焼き、タラのポルペットーネ。
そして、『米粉でリンゴのタルト』
必要に迫られて? というか流れに逆らう事が出来ずの小心者でちょっと試しにです。

寒い台所でも分離せずに作れる様に
卵と粉糖でまずもったりさせて、それからレモンの皮や牛乳などを加え、米粉を入れたら溶かしバターを入れます。 

本当は、室温で柔らかくしたバターに卵を入れて.....の順番ですが、
「この時期寒すぎる台所での室温柔らかくしたバターはちょっと大変」と、言われてしまったので作りやすい様に。


リンゴはちょっと大量に18cm型で1ヶと半分。1ヶ分を生地の中に、残りは飾りに。
このお菓子は来月の新発田ガスさんでの教室で作ります。


追記
お正月に再放送?
で「エルムンド」なる番組をご覧になられた方いらっしゃいますでしょうか?
カルド農家さんのお話や湖のイワシなどのお話、そして復活させたチーズのお話などがあったのですが、その復活させたピエモンテのチーズ『MONTEBORE』というチーズ。
私も2006のトリノ滞在の時、食べてました!!!Pza.San Carlo近くのSteffanoneというお店で。
みた事ない形のチーズだったので「これなぁーに?」と子供の様に聞いた所、お店の人が味見させてくれて、さらに説明までしてくれて!!
その時聞いたのはAlessandriaのチーズで別名ウエディングのチーズとも言われていると。
トローッとしてカマンベールを熟成させた感じで♡
e0121545_17122312.jpg

カルドも美味しそうだったなぁ〜
湖のイワシも食べてみたいなぁ〜
イタリアかぁ.......................
[PR]
Top▲ | by vruocculu | 2013-01-08 17:13 | その他・料理(222)
La Mondina'03 ジュゼッペラット氏醸造のドルチェット
e0121545_1030021.jpg

ブログタイトル VINOなのにここ最近?数年?ワインを記事にする事がなかったが、久しぶりに書いてみよう。 ピエモンテのドルチェット。きっとちゃんとワインの事が分かっている人ならたくさん美味しいドルチェットをご存知だと思うが、私は『ジュゼッペラット氏』のドルチェットがいい。
もう、この方のドルチェットがいい。 教えて頂いて初めて飲んで、でも日が経つにつれてどんどん美味しくなっていくドルチェットにビックリした。

過去記事はこちら!

それ以来ほかのドルチェットが飲めなくて、飲めなくて。そして今現在家にあるラット氏のドルチェットは4本。 もう、購入できないから飲みたくても飲めないのが現実。
そんな中、『ラット氏が醸造したという』ワインを見つけた。 そして、このワインも飲めずにいた。そして昨日の教室の時1本開けてみたのだ。

邪道だとは思うが、今朝届いた大地堂さんの『黒豆と黒砂糖のシュトーレン』一緒に。
朝から飲んでしまいました

『黒豆と黒砂糖のシュトーレン』の香りとドルチェットの香りが重なってる。



一緒に頼んだ「発芽ディンケル小麦のホットケーキミックス」楽しみだな〜
お彼岸。 仏様にお供えして、一緒に食べようっと。

大地堂さんはこちら
[PR]
Top▲ | by vruocculu | 2012-03-18 10:38 | ワインと料理と品種(65)
本能にまかせ、3月のメニュー大幅変更!!
なんだ、かんだといっても春なのね〜  と思うこの頃。
3月のメニューを変更いたします。
キャベツを見ると無償に丸ごと食べたくなって、雪したニンジンの文字を見るとむしゃむしゃ食べたく
なってしまっているからです。  もしかしたら、冬の間ずーっと大根ばっか食べてたからでしょうか?
大根サラダ、納豆におろし大根、大根汁に、みぞれ汁。  ダラミと大根、ふろふき大根。。。。
そしてまた大根汁に。。。。と永遠と毎日大根。ああぁー白菜も食べたなぁ〜

だから、きれいな緑色のキャベツを見ると本能的に食べたくなるのね。

そう、本能的にキャベツ丸ごとピエモンテ料理、ニンジンムシャムシャ料理に変更いたします。




e0121545_16401393.jpg

ロールキャベツなんていいません!  丸ごとキャベツに詰め物をしてソースたっぷりで食べましょう!

e0121545_16413899.jpg

そして、ニンジンムシャムシャサラダ。  決めてのソースで合えましょう!
一人1本食べましょうね〜
[PR]
Top▲ | by vruocculu | 2012-02-28 16:43 | その他・料理(222)
リンゴの焼いたムース mousse di mele

e0121545_9383917.jpg
 
 


 年末にたくさんリンゴを頂いて、家族3人食べきれません(笑
 そこで、1月の料理教室ではピエモンテのお菓子、
 mousse di meleを作りましょう。


 そのまま訳せば「リンゴのムース 泡」
 冷たいムースかなぁ〜?っておもうけれど、
 焼いたムース(泡)です。 
 口に入れるとリンゴの香りと
 シュワ感とこんがり焼けた香ばしさと。

 
 材料もリンゴとハチミツと卵のみ。
 ちょっと見てくれは美しくないけれど、
 家でちょこっと簡単デザートの方が
 皆さん作ってくれるかなぁ〜? って。。。

 Carla!! レシピありがとう♡
[PR]
Top▲ | by vruocculu | 2012-01-13 09:48 | その他・料理(222)
もちろん作ります「カボチャのお菓子」
e0121545_11175045.jpg

DOLCE ZUCCA
トリノ・カーラのレシピより

カボチャを牛乳で煮て、その中にハチミツとバターを
加える。その次に。。。
『セモリナ粉を入れると焼き上がりにすこーしセモリナ粉
 の香りが残ってしまうから、やっぱり薄力粉にしてね。
 せっかくのカボチャの香りがなくなってしまうもの』

 と、カーラの言葉が後から後から思い出される。




サボり過ぎで、責任感のなさに
自分自身がっくりきますが、いい訳を一つ、二つ。

全くのアナログ人間、しかも頭の許容量が異常に
少ないため、PCに向かいすぎると思わず離れてし
まう衝動に。とにかくゼロにしないと次にも
進めない。 こんなんじゃダメだと思いますが
どうぞ、お許しください。

それでもお越し下さった皆様へ感謝いたします。

[PR]
Top▲ | by vruocculu | 2011-11-05 11:34 | その他・料理(222)
あ〜あ飲んじゃった。。。GAVI 2000



e0121545_1336757.jpg本当はとっておかなくちゃーいけなかったのに、飲んじゃった。。
リンクさせていだたいてるNature,Seasons,Wine&Food
aogyさんブログの記事
『元々早飲みにはもったいなさ過ぎたガーヴィにリゼルヴァ新設の動き1を読んでビックリ。。。。

それまで、GAVI(ガーヴィ)を見てもそれほど心ときめかず、
飲んだとしても「うん、そうだよね」とあっさり通り過ぎてしまっていた。なのに、なのに!!!なのにぃ!!!
その記事には2007〜1998年のヴィンテージの試飲会なのだった。
10年前のGAVI(ガーヴィ)ってどんなの?
俄然興味津々なのだ。。。あら?あなた今まで見向きもしてなかったじゃーない?
で、やっと?みつけたGAVI 2000だったのに、飲んじゃった。

さらにどーしてもニョッキが食べたくなった。
ソースはゴルゴンゾーラ。
鍋にゴルゴンゾーラを100g、生クリーム100cc、牛乳50cc
それをあっためるだけの簡単ソース。
生ハム、ラディッキオ添えて至福のひととき〜

CASTELLO DI TASSAROLO
VIGNETO ALBORINA
GAVI 2000 D.O.C

品種:コルテーゼ
いろんな香りがして嬉しくなってくる。 
リンゴや柑橘系の香りも、はたまたグラニュー糖をふって
焼いたリンゴのタルトみたいな甘い香りやレーズンの香り。
かと思いきやマンゴーの皮の香り〜


              いいわ〜 いいわ〜
              これからちょっとGAVIをキープして、
              5年後くらいにヴィンテージを楽しもうと心に決めた。
              焦ってはいけないのね、焦らず。。。。。
              でも5年後もここにいられるかしら?
              そして、aogyさんGAVIの楽しみ方を教えてくださってありがとうございます!!

              さらに、さらに!! 簡単ゴルゴンゾーラソースでニョッキ如何でしょうか?
              もう、季節はずれ?(苦笑)




e0121545_1495359.gif

[PR]
Top▲ | by vruocculu | 2009-03-12 14:11 | ワインと料理と品種(65)
『カヒェル』とDolcetto
e0121545_13111279.jpg


大好きな、大好きなワインの一つ。   RattoさんのDolcetto。。。。。
そして大好きな『カヒェル』

幸せな時間だわ〜


e0121545_13161018.jpg


***********************************************************
それにしてもですよ!!!この場を借りて激怒です。ひと昔前のドライバーは雪かきをしている人を避けて、
ゆっくり走ったものでした。がっ!!!  特に今時の女性ドライバー!!!(私も女性ですが)
しかも、今日私の家の前を走り去った女性ドライバーたちよっ!

雪かきをして車が通れる様になっていると、もうスピードで走り抜け、おもいっきりビチャビチャ雪を
跳ねて行く。しかもこの道は制限速度20ですよっ!
貴方たち何キロでココを走り抜けるつもり? しかもこんな日にっ!!!!
ひと昔前のドライバーはそこんとこ違ってた。私が古いのか、それとも思いやりがなくなったのか?
雪かきをしていて人がいる。その先に子供も歩いてる、ここでスピードを出したら、人にかかってしまうだろうなぁ〜
という事を思いもつかないのかと。。。。。不思議に思う。

人の事はどーでもいい時代になってしまったのか?
最近自分さえ良ければいい。。。という人が増えた様に思う。
人の立場に立って物事を考える。。。そんな事は用はない時代になったのか?
今日一日雪かきをして、ホトホト疲れたが、頭から何度もビチャビチャと雪をかけられさらにつかれは倍増だった。。。。

して、自分もドライバーとして改めて感じた事山ほどだった。



さぁー!!! Dolcetto飲むどー!!!!



e0121545_13193523.gif

[PR]
Top▲ | by vruocculu | 2009-01-26 13:19 | ワインと料理と品種(65)
『 SERRA BOELLA 』で白熱講習?
e0121545_10301559.jpg

  私が帰国してからというもの、(いやその前から)我が家の尊敬するシニアソムリエは
毎日、毎日忙しく、家に帰って来ない。イコール?夕ご飯がほとんどいらない事になってしまっていた。一応、我が家の長であるからして、その長が
ごはんいらない となれば、
家にいる女たちは在り合せですましてしまうのが。。。我が家の常?(としておく)

それが、少し落ち着いたのか昨日はご帰還で、ワインを飲み出した。
いつもはいい所でやめるのに、私の一言でスイッチが入ってしまい。。。


ねぇ、ソムリエの仕事って何?

バカな事を言ってしまった。。。
しまった。。。。。(思った時にはもう遅い)


大体なぁー、俺から言わせてもらうと。。。。。(延々続くので略)

ごもっともでございます。あなたの言う通りでございます。




それからは講習会のような口調にかわり、どんどん話し始めて。
でも、そんな姿を見てたら不謹慎にもなんだか笑えてしまった。




で、ダンナ一人でほとんど飲んでしまったワイン

PAITIN
BAEBERA D'ALBA D.O.C 2006
SERRA BOELLA
フレッシュブラックベリーの香り
綺麗な深いルビー色
スパイス、ミネラル感と共に柔らかな口当たり







e0121545_1113382.gif

[PR]
Top▲ | by vruocculu | 2008-12-05 11:15 | ワインと料理と品種(65)
『BAROLO』とくればいつもの料理。。。
e0121545_1830029.jpg

昨日の夕ご飯。。。。
バカの一つ覚えのように。。。。Baroloとなるとどうしてもバローロ煮が
食べたくなるのはなぜか? しかもあんまり調子に乗りすぎて、料理を運び終わって
階段を駆け下りたら、お盆持ったまんま最後の一段踏み外して。。。。

今頃になってから、なんだかあちこち痛くなってきてしまった。。。。。
(どんだけ飲みたかったのか。。と笑えてしまう)

さて、今回のBarolo
それをこともあろうにコタツで飲むなんて本当に申し訳ないと思ってしまう。
心して? ぬくぬくしながら飲んだ。

RENATO RATTI
BAROLO MARCENASCO
D.O.C.G 2004
アンヌツィーアータ修道院のそばのブドウ畑、あの現在ワイン博物館となっている建物のそばの畑。。。ということは? 

e0121545_18493386.jpg

眺めたはず。

綺麗なガーネット色、フルーティーだけど、タバコを感じ、その後からスパイス、
最後にはクミンなどのエスニック系の香りで落ち着く。で、口の中にまとわりつく
渋を感じながら、お肉&ソースをパクパク、パクパク。


e0121545_18561385.jpg
e0121545_18563384.jpg

パスタはブロッコリーとポルチーニ、生ハムであえたもの。
ごちそーさまでした♪




e0121545_194334.gif

[PR]
Top▲ | by vruocculu | 2008-11-21 19:04 | ワインと料理と品種(65)
| ページトップ |


ファン
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
うちの食卓 Non so...
ねこのあくび
なんてことない毎日
パリときどきバブー  f...
青木純の歌う食べる恋をする
エミリアからの便り
◆ Mamma ho f...
la gru cucin...
butakoの2年間の休...
ユキキーナの日記
花と日々の徒然
オリーヴオイルを追いかけて
地中海と砂漠のあいだ  
パンダ通信
美味しいwineを求めて
トスカーナ オリーブの丘...
月桂樹~Laurus-n...
La Vita Tosc...
BUONA FORCHE...
おいしくやさしく
楽子の小さなことが楽しい毎日
オリーブとブドウ畑のあいだで
*イタリア料理紀行
ubsna
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ばなな気分
「ROMA」旅写ライター...
8階のキッチンから   ...
魚屋三代目日記
すごいのよォ~イタリアは...
世界たべあるき日記
イタリアを楽しもう!
ヴェネツィア ときどき ...
HEROのアナログな生活
pour toujours
ボローニャに暮らす
イタリア・絵に描ける珠玉...
Villa Il-Ven...
畑のたからもの
ラグーザに流れるもの
Gattoのフォトブログ...
八丁堀女将日記(Hatc...
K's Diary*
北イタリア自然派生活
ブドウ畑の空に乾杯
カトルカールな毎日
おうち時間
ちりめん戯縫
イタリア料理スローフード生活
パスクィーノ ~ ローマ...
チャノマ。
しの的エッセンinドイツ
テーブルの上の地図帳 l...
grandi vini
フランスの暮らし
トスカーナのソムリエ
KICHI,KITCHEN 2
イタリアの朝
YPSILONの台所 Ⅱ
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
..., and trips
野菜ソムリエ+お菓子講師...
うひひなまいにち
木陰のランプ
過ぎたこと、過ぎて行くこと
ジェイクnoチカラ
可愛いものノート
Buona giorna...
ワインおたくの妻
ロビンと一緒にお茶しましょ♪
風の記憶 Villa I...
パンでできたドア
パルマの食と生活
PORTO CERVO の人々
おいしい料理写真の撮り方
la la la kit...
イタリア写真草子 Fot...
London Scene
オリーブオイル市場Blog
カザルパロッコのネコ(C...
山の中のイタリア料理店 ...
NO ANCHOVY, ...
伊津呂の気ままな写真日記...
穏やかな時間
un_voyage♪♪
爽やかホハ・ホーラ!
5丁目の小梅さん
♪Princess Cr...
Night Flight...
四季の光と風を感じて V...
Photoしませんか
イタリア料理教室のまかな...
morille et p...
風と花を紡いで
記事ランキング
タグ
最新のトラックバック
すみれ
from だからワイン通は嫌われる?
激うまパスタ!鰆とプチト..
from バツイチ男の気まぐれ料理
2009年1月に読んだ本
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
レバーな日々
from ワインおたくの妻
寒い日のリゾット ア・ラ..
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
スペルト小麦
from Gattoのフォトブログ 勝手口
最終、真空解除っ!!やは..
from VINO! VINO! sh..
大!大成功で午前中から酔..
from VINO! VINO! sh..
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧
" Snowflake dance 3C" Skin
by Animal Skin