Top

思い出の中の、そして現在の生活の中のワインと料理、食文化。人として思う事。。。
by vruocculu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
<   2009年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
香り、香り、香り。。。
e0121545_10584034.jpg








随分とサボってしまいました。。。
すこーし、ゆるゆるな生活をしていました。

ブログをしていなかった頃の時間に少し戻して。



我家の庭は、今次々と花が咲き大騒ぎです。
そして、これが今咲いている花たち。
その他、ハニーサックル、レモン、クレマチス、
ワイルドベリー、ブラックベリー、ドックローズ
などなど。。。。

ただ静に花の香りを楽しんでいます。
何も考えず、ただただ香りを。

オールドローズの香りを通り過ぎると
今度はルピナスの甘い香り、
次に、レモンの花の香りを感じて玄関へ。
1年でこの時期だけの極上の幸せな香りです。






e0121545_1194370.jpg

     そして、今日は朝一番に開いたオールドローズを摘み、ジャムに。


e0121545_11105568.jpg

     薔薇はいろんな効能があるらしいけど、薔薇を摘んでいる時、そしてその花びらをむしり取り、
     レモン汁とグラニュー糖をふりかけてもんでいる時、さらに白ワインで煮ている時、
     家中に薔薇の香りが充満して、それだけで幸せな気分になり、それだけでいい。
     そして何か、満たされた気持ち。 
     1年でこの時期だけの、幸せな時間をゆっくり過ごして。。。。


何か、些細な事を丁寧に受け取る事を忘れてしまっていたような思いです。 
何か、もっといろんな事を感じていたような気がするのに。
ゆっくりと本を読む時間も、花を眺める事も。。。。
じっくりと腰をすえて机に向かう事も。

いかん、いかん。。。





e0121545_11243197.gif

[PR]
Top▲ | by vruocculu | 2009-05-29 11:23 | 香り
今宵は『茄子の小舟』に乗り、Soaveでも。
e0121545_824816.jpg
我家の箱庭? も随分騒がしくなり、PC前に座る事が少なくなってしまう。 当然ながら一日中外にいるようなもん。。。
チューリップも全開に開いて楽しませてくれたので、今度は球根に栄養を。さらには気温も20℃で安定したのでバジルやその他種を蒔き。もう少しで咲く薔薇。。。。これは今年は思い切って剪定し、子供を増やしましょう。
母のテリトリー?になっている所ももう少し整理して。。。。。
な〜んてやっていると、あっという間にお昼を過ぎて夕ご飯のことなんか考えなくては。。。。。。


e0121545_8314894.jpg















特別なものではないけれど、なんだか旦那が持って来たSoave
米茄子も最近見かけるので、簡単Melanzane a barchetta
茄子の小舟
なるものを作って、あとは。。。。。

パンとパスタだけでもよろしいでしょうか?

そして、茄子の小舟に乗りましょう。。。。




e0121545_8371863.gif

[PR]
Top▲ | by vruocculu | 2009-05-09 08:40 | ワインと料理と品種(65)
遠い、遠い『 Platina 』の時代へ。。。
e0121545_1053962.jpg


e0121545_10121371.jpg
これで、ようやくビネガー作りも終わり。
最後のビネガーはレモンのビネガー。
本当のタイトルは
Aceto temperato all'uva passa
uva passa干したブドウが本当は重要なビネガーなのだ。

15c、バルトロメオ・サッキ通称 Platina
『尊ぶべき喜びと健康について』に書かれているかどうかは、
実際に読んだ事がないので分からないが、
ビネガーは冷・寒の食べ物で、それを和らげる方法に
干しブドウを使う
そうなのだ。
そして、ハーブビネガーをはじめ、ミントビネガーなど、
当時のレシピが書かれている本があり、それを参考に毎年作っている。

自宅のレモンは果肉はあまり期待出来ないものだが、
皮の香りは売っている物とは比べ物にならない程良い香り。
だから、 Platina が残してくれているレシピで。。。
そして、残った果肉は蜂蜜につけて夏の飲み物に。



このビネガーも1ヶ月熟成させて楽しむ。
レモンのスッキリとした香りの中に、丁字と干しブドウの甘い香り。そして酸味の中に甘さが含まれているデリケートな
ビネガーである。サラダはもちろん、鶏肉料理にとある。そして本の中ではレモンではなくてオレンジの皮とあり、
以前作った事がある。オレンジの皮の方がより香りはデリケートなものになる。





e0121545_10414372.gif

[PR]
Top▲ | by vruocculu | 2009-05-06 10:42 | 香り
今年分のハーブビネガー。。。
e0121545_8214267.jpg






今年分のハーブビネガー作りに3日間も過ごしてしまった。
毎年毎年作っては、この時期までに使い果たすビネガー、
全部で3種類。

ハーブビネガーとミントビネガー、
そして今年はレモンビネガーも作る事にした。
この3日間、家中ビネガー臭くしてしまい、
家人他2名から苦情勃発!! なのでレモンビネガーは
少し時間をおいて作る事に。




e0121545_8305029.jpg

Aceto alle erbe aromatiche
白ワインビネガー  1リットル
エシャロット    2ヶ
ニンニク      1片
タイム、マジョラム、ローズマリー、ヒソップ、サルビア、フェンネル
沸騰させたビネガーをハーブその他が入っている鍋に注いで、後はフキンをかけて1晩。濾して保存瓶にうつしたら、黒粒コショウとローリエの葉っぱを入れて30日間熟成させる。でも、もう少し熟成させてからの方が美味しいかも。。。
Aceto alla menta
白ワインビネガー  1リットル
ミント、フェンネル
ハーブビネガーと同じく、沸騰したビネガーをかけ入れて、一晩。濾してから30日熟成。私は熟成させる時にジュニパーベリーを入れて熟成させている。


保存瓶に入れて1日すると、もう葉っぱについていた酵母が沈んでくるから凄い力である。
あんなに熱、熱ビネガーを注いでも生きているなんて! でも、こうして熟成させたビネガーはやはり美味しく、
ピクルスを作ったりすると、ひと味も、ふた味も違ってくるのだ。
家で使う分のビネガーを全部で6リットルほど作り、また来年のこの時期まで使っていく。
毎年、毎年それぞれのハーブの分量が違ったりだけれど、今年はタラゴンも加え、少しタラゴンの甘い香りも加わって、
これもまたいい香りのビネガー。

さて、さて。
一日休んで、明日くらい?にレモンのビネガーでも作りますか。。。。。




e0121545_8524353.gif

[PR]
Top▲ | by vruocculu | 2009-05-04 08:53 | 香り
Di Majo Norante GRECO と『イラクサのパスタ』
e0121545_1891422.jpg
Di Majo Norante GRECO 2001
Terra degli Osci I.G.T

品種 greco
モリーゼ州


帰って来て、ご飯前に
「ワイン、冷蔵庫にあるから」
と、言われ開けてみるがない。
ん? もしや!!
冷蔵庫の切り替え室をワインから冷凍に変更していた事を
旦那に言ってなかった!!!!
危ない、危ない!!!
でも、中に入っているものが違うと分かったら
わかりそーなもの。
だから、そこに入れないでよねー!!!! と言いたくもなる。
しかし、そこに入っていた時間はほんの5分だったから
良かったものの、もーしこのワインを飲まずにいたら。。

考えただけでも、ああーー恐ろしい!!!

と、無事に飲む事ができたモリーゼ州のGreco。
香りはピーチ。
甘ーい香りに、程よく?というか酸味は弱く、
でも、『イラクサのパスタ』にピッタリ!!



e0121545_18222611.jpg

orticaイラクサを初めて食べたのは、'97のイタリア・シェナでの事。
そのイラクサが我家に届いた。 下処理をしなくちゃーと、柔らかい葉と茎に分けて。。。。下ゆでして。。。
まずは、パスタで楽しみましょ!!!
柔らかい葉を茹でて、パスタ生地に混ぜ込みタリアテッレ。
そして、ソースも。
鍋にバターを溶かして、茹でたorticaイラクサの葉を入れて軽く温め、マルサラを注いでひと煮立ちしたら生クリームを入れて
なじませる。トマトの角切りを加え、塩をしたらソースの出来上がり。

苦っぽい、でも清々しい香りのイラクサパスタに、生クリームの甘さとマルサラの香り。
そしてGrecoをひとくち、口にふくんだら。。。。。鼻か抜けるピーチがうふふっ。

この時期の若葉色で、どっこも行かないけれど気分はGW。


花が咲く前の、一番香りのいいハーブでビネガー作りの1日。明日もまたミントのビネガー作り。。。




e0121545_1840437.gif

[PR]
Top▲ | by vruocculu | 2009-05-02 18:41 | ワインと料理と品種(65)
アスパラと『 CHABLIS 』とナポリの空。。。
e0121545_8193097.jpg
5月になった。
この時期の、気持ちのよい空を見ると ああぁ〜ナポリ行きたいなぁ〜と、思ってしまう。 
きっと、昔から南イタリアの気持ちのよい空と空気に憧れて、ヨーロッパの人々は訪れていただろうし、同じく私も憧れてナポリへ行った。きっぱりと青い空。そして光。。。。。。足下には見た事もない、黒々とした自分の影。そう、光と影。。。。
ナポリかぁ〜


さて、さて。
ようやく産直コーナーに アスパラ 登場。
地元の農家さんが作る、規格ものでない アスパラ はやっぱり美味しい。太っといものとは
違って、野菜料理としてシンプルにたくさん使えるし食べれるから大好きだ。
そんな アスパラ を見ると作りたくなるのが、ナポリで食べたこの料理。料理と言えるかどうか? でも、ソースが大好きなのだ。

e0121545_8383817.jpg









CHABLIS 2005
Luc Javelot

そうそう、よくシャブリの事を柑橘系を思わせるというけれど、
私はまだまだ修行が足りず、じゃーどんな柑橘系よーと言いたくなる。
というか、表現が旨く出来ないのである。


ちなみに。
なんだか、レモンに塩ふってがぶりとかじった感じ。。。。
としか言えない。。。。

それと、 アスパラ の香りが良かった。





Asparagi salsa Mousseline
e0121545_8534172.jpg
卵黄    2ヶ
バター   100g
生クリーム カップ1
レモン汁  1/2ヶ分
水     少量
塩     小さじ1
マヨネーズを作る要領なのだが、バターを湯せんで溶かしておいて、卵黄に塩を入れて湯せんにかけながらよーく泡立てる。
その卵黄にレモン汁+水を混ぜたものを少しずつ加えながらさらに泡だて、溶かしバターを注ぎながら泡立てる。
生クリームにレモン汁小さじ1を加えて8分たてにしたものをスプーンで1杯ずつ加えながら混ぜ合わす。

温かいこのソースを山ほどかけて、一体私はナポリ・ヴォメロの丘にあるピーノ家でどれだけ アスパラ を食べたことか。。。
フランス系入ったあのピーノの家で。。。




e0121545_911308.gif

[PR]
Top▲ | by vruocculu | 2009-05-01 09:13 | カンパーニァ
| ページトップ |


ファン
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
うちの食卓 Non so...
ねこのあくび
なんてことない毎日
パリときどきバブー  f...
青木純の歌う食べる恋をする
エミリアからの便り
◆ Mamma ho f...
la gru cucin...
butakoの2年間の休...
ユキキーナの日記
花と日々の徒然
オリーヴオイルを追いかけて
地中海と砂漠のあいだ  
パンダ通信
美味しいwineを求めて
トスカーナ オリーブの丘...
月桂樹~Laurus-n...
La Vita Tosc...
BUONA FORCHE...
おいしくやさしく
楽子の小さなことが楽しい毎日
オリーブとブドウ畑のあいだで
*イタリア料理紀行
ubsna
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ばなな気分
ROMA - Phot...
8階のキッチンから   ...
魚屋三代目日記
すごいのよォ~イタリアは...
世界たべあるき日記
イタリアを楽しもう!
ヴェネツィア ときどき ...
HEROのアナログな生活
pour toujours
ボローニャに暮らす
イタリア・絵に描ける珠玉...
Villa Il-Ven...
畑のたからもの
ラグーザに流れるもの
Gattoのフォトブログ...
八丁堀女将日記(Hatc...
K's Diary*
北イタリア自然派生活
ブドウ畑の空に乾杯
カトルカールな毎日
おうち時間
ちりめん戯縫
イタリア料理スローフード生活
パスクィーノ ~ ローマ...
チャノマ。
しの的エッセンinドイツ
テーブルの上の地図帳 l...
grandi vini
フランスの暮らし
トスカーナのソムリエ
KICHI,KITCHEN 2
イタリアの朝
YPSILONの台所 Ⅱ
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
..., and trips
野菜ソムリエ+お菓子講師...
うひひなまいにち
木陰のランプ
過ぎたこと、過ぎて行くこと
ジェイクnoチカラ
可愛いものノート
Buona giorna...
ワインおたくの妻
ロビンと一緒にお茶しましょ♪
風の記憶 Villa I...
パンでできたドア
パルマの食と生活
PORTO CERVO の人々
おいしい料理写真の撮り方
la la la kit...
イタリア写真草子 - F...
London Scene
オリーブオイルのある生活
カザルパロッコのネコ(C...
山の中のイタリア料理店 ...
NO ANCHOVY, ...
伊津呂の気ままな写真日記...
穏やかな時間
un_voyage♪♪
爽やかホハ・ホーラ!
5丁目の小梅さん
♪Princess Cr...
Night Flight...
四季の光と風を感じて V...
Photoしませんか
イタリア料理教室のまかな...
morille et p...
風と花を紡いで
記事ランキング
タグ
最新のトラックバック
すみれ
from だからワイン通は嫌われる?
激うまパスタ!鰆とプチト..
from バツイチ男の気まぐれ料理
2009年1月に読んだ本
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
レバーな日々
from ワインおたくの妻
寒い日のリゾット ア・ラ..
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
スペルト小麦
from Gattoのフォトブログ 勝手口
最終、真空解除っ!!やは..
from VINO! VINO! sh..
大!大成功で午前中から酔..
from VINO! VINO! sh..
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧
" Snowflake dance 3C" Skin
by Animal Skin