Top

思い出の中の、そして現在の生活の中のワインと料理、食文化。人として思う事。。。
by vruocculu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
贅沢三昧合流の旅 カヴール城にて、ほろ酔い気分?
贅沢三昧の合流旅を。。。。。

e0121545_1725350.jpgCAMILLO BENSO
CONTE DI CAVOUR
トリノ出身、イタリア王国初代首相。
イタリアの各地にその名前の通りが
街の中心を走っている。
Garibaldi(ガリバルディ)、
Mazzini(マッツィー二)と並び、
「イタリア統一の三傑」の1人と
言われているそうな。。。。

現実主義のカヴールは、革命主義の
マッツィーニと意見が合わなかった
とか。。。
議会では若い革命家を味方につけ、
操縦術にたけ、人望も厚かったと。。

イタリア統一をはかるため、
近代産業の育成、軍隊の近代化を
進め、当時のイタリアに勢力を
およぼしていたオーストリアに対し、
イギリス、フランスなどの大国と同盟を結び、土地を国有化し、イタリア統一に人生をかけた人物だったそうな。。。。。
そのカヴールが好んで暮らしていた地が " GRINZANE "である。そして、統一運動を始めたのもこの城で、今もその城は残り、階段を登った見晴らしの良い部屋はレストランとして、運営されている。また、白トリュフのオークションもここで行われているそうだ。そして、この地帯はRODDI(ローディ)CHERASCO(ケラスコ)
と並び、NEBBIORO(ネッビオーロ)の地帯で、土壌は白っぽく、石灰質を含み、
アルカリ性泥灰土壌なんだそうだ。

何を隠そう。。。全部説明してもらった事。。。


e0121545_17563449.jpge0121545_1757225.jpg









e0121545_17571919.jpge0121545_17573147.jpg



入ってひたすらレストランまで階段を上がる、上がる。。。


e0121545_17584197.jpge0121545_17585411.jpg
















落ち着いた雰囲気で、でも何となくかわいらしい部屋で。。。
席に着くと、横には男性2名が。。どうしよう緊張するというか、何話そ?
ちょっと怖そうな、何でも知っているような、何話そ?
そんなこと思っていると1品目の料理が到着。

e0121545_1843045.jpg
Antipasto:Flan di porro con fonduta di raschera
ポロネギのフラン ラスケーラチーズソースかけ
*ラスケーラ:ピエモンテ・クネーオのチーズ



e0121545_18184876.jpg
Antipasto:Cartoccio di funghi porcini
ポルチーニの紙包み焼き




e0121545_1821318.jpg
Primo:Risotto mantecato con la zucca e la tuma
カボチャとトゥーマのリゾット
*Mantecato:その通りで滑らかで、とろけるようなリゾットでした




e0121545_18254790.jpg
Secondo:Tenuta di fassone brasato al barolo con polenta fritta
ファッソーネ牛のバローロ煮 揚げポレンタ添え
*ちなみに、トリノ滞在中このbrasato(バローロ煮)を4回食べた
 週1ぐらいのペース。。。(笑)




e0121545_18444021.jpge0121545_18445250.jpg













LANGHE DOLCETTO2005
色:明るい赤みを帯びたルビー色
香:果実味が広がり、余韻残る
味:口当たりよい

NEBBIORO D'ALBA 2003
色:赤みを帯びたルビー色
香:滑らかなで繊細なスミレ
味:柔らかで口当たりよくバランスよい

*心なしか写真のボトルが曲がっている = 酔っぱらいです(笑)




e0121545_18555916.jpg
Dolce:Assagio di dolce della loro tradizione
伝統的なデザート





e0121545_18585673.jpgPassito:Bric du liun Arneis
*締めのパッシート。。。。。コーヒーも忘れてる。。。。




















こーんな贅沢な旅は考えられませんでした。
いつもは、同じGパン履き続けて暮らすなんて、ちょっと恥ずかしい滞在ばかりだったのに、この時はどーしよーかと思いました。合流したとき真っ先に聞いた事は、
「すみません、今まで1人だったし皆さんのように綺麗な服もってないんですけど」
本当に恥ずかしいことを聞いていました(苦笑)
でも、まぁなんとかみーんなが綺麗な格好をしているので、1人くらい隠れて、
同化して大丈夫かと。。。。。

あっ、近くに座られた男性の方達とは、緊張しながらもなんなく時間が過ぎていきました。(しかし、その後も結構一緒でした)


では、これから何回かに分け、
『贅沢三昧合流の旅』として引き続き、お付き合いください。





e0121545_1914164.gif

[PR]
Top▲ | by vruocculu | 2008-06-16 19:15 | ピエモンテ
<< 『ポンペイの紅』と『ワインの赤』 | ページトップ | 続 / エンマー小麦とスペルト... >>


ファン
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
うちの食卓 Non so...
ねこのあくび
なんてことない毎日
パリときどきバブー  f...
青木純の歌う食べる恋をする
エミリアからの便り
◆ Mamma ho f...
la gru cucin...
butakoの2年間の休...
ユキキーナの日記
花と日々の徒然
オリーヴオイルを追いかけて
地中海と砂漠のあいだ  
パンダ通信
美味しいwineを求めて
トスカーナ オリーブの丘...
月桂樹~Laurus-n...
La Vita Tosc...
BUONA FORCHE...
おいしくやさしく
楽子の小さなことが楽しい毎日
オリーブとブドウ畑のあいだで
*イタリア料理紀行
ubsna
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ばなな気分
「ROMA」旅写ライター...
8階のキッチンから   ...
魚屋三代目日記
すごいのよォ~イタリアは...
世界たべあるき日記
イタリアを楽しもう!
ヴェネツィア ときどき ...
HEROのアナログな生活
pour toujours
ボローニャに暮らす
イタリア・絵に描ける珠玉...
Villa Il-Ven...
畑のたからもの
ラグーザに流れるもの
Gattoのフォトブログ...
八丁堀女将日記(Hatc...
K's Diary*
北イタリア自然派生活
ブドウ畑の空に乾杯
カトルカールな毎日
おうち時間
ちりめん戯縫
イタリア料理スローフード生活
パスクィーノ ~ ローマ...
チャノマ。
しの的エッセンinドイツ
テーブルの上の地図帳 l...
grandi vini
フランスの暮らし
トスカーナのソムリエ
KICHI,KITCHEN 2
イタリアの朝
YPSILONの台所 Ⅱ
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
..., and trips
野菜ソムリエ+お菓子講師...
うひひなまいにち
木陰のランプ
過ぎたこと、過ぎて行くこと
ジェイクnoチカラ
可愛いものノート
Buona giorna...
ワインおたくの妻
ロビンと一緒にお茶しましょ♪
風の記憶 Villa I...
パンでできたドア
パルマの食と生活
PORTO CERVO の人々
おいしい料理写真の撮り方
la la la kit...
イタリア写真草子 - F...
London Scene
オリーブオイルのある生活
カザルパロッコのネコ(C...
山の中のイタリア料理店 ...
NO ANCHOVY, ...
伊津呂の気ままな写真日記...
穏やかな時間
un_voyage♪♪
爽やかホハ・ホーラ!
5丁目の小梅さん
♪Princess Cr...
Night Flight...
四季の光と風を感じて V...
Photoしませんか
イタリア料理教室のまかな...
morille et p...
風と花を紡いで
記事ランキング
タグ
最新のトラックバック
すみれ
from だからワイン通は嫌われる?
激うまパスタ!鰆とプチト..
from バツイチ男の気まぐれ料理
2009年1月に読んだ本
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
レバーな日々
from ワインおたくの妻
寒い日のリゾット ア・ラ..
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
スペルト小麦
from Gattoのフォトブログ 勝手口
最終、真空解除っ!!やは..
from VINO! VINO! sh..
大!大成功で午前中から酔..
from VINO! VINO! sh..
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧
" Snowflake dance 3C" Skin
by Animal Skin