Top

思い出の中の、そして現在の生活の中のワインと料理、食文化。人として思う事。。。
by vruocculu
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
大勢ワイン/ワイン会
連休最終日24日ワイン会に行って来た。
【百聞は一食にしかず】さん にお誘い頂き、遠路はるばる上京したしだいである。 こんな機会めったにあるもんでも無いのだから、もう参加するしか、参加させてもらった。 主催者の方にもきっとご無理を言ってしまっていたのであろうと、思う。  ありがとうございました(感謝)


GULFI

e0121545_11295928.jpg

数年前にSicilia/cataniaに滞在していたときに、Gulfiが所有している畑がある街へ行っていた事に驚き、そしてアルバム/資料を大急ぎでめくり、思い出に浸ってからの参加だった。
Noto、Ragusa、Pachino・・・ドライバーのアントニオと走っていた道。
「車の中はFornoだ!!」といいながら窓全開でラジオのボリューム全開で走った道。
Marzamemiのアンチョビ、Pachinoのトマト、Notoのアーモンドのお守り、どれもついこの前の様に思い出されていた。

「そうだっ!! シチリア行ってたんだ!!!」

ただ、その時目に飛び込んでいたのは、ブドウの木ではなく、オリーブの木ばかりで、このワイナリーがある事は全く、全く知らなかった。
Cataniaエトナ山にあるワイナリーだけ廻っていた事は、不覚であった。
エトナ山の麓にあるANTENOLI、 MURGOその他ちっちゃい所を廻っていた。

前置きはこれくらいにして、


e0121545_11483281.jpg














Valcanzjria 2006
シャルドネ+カリカンテ+アルバネッロ (ブドウ品種)
熟したバナナの甘い香りと程よい酸味
香りとのギャップのある辛口


e0121545_1157491.jpg











Antipasto/misto
プロシュート、サラミ、オリーブ、サーモンとチーズのムース

e0121545_121182.jpge0121545_1214387.jpg










Antipasto/秋刀魚のマリネ、 和牛のカルパッチョ


e0121545_126614.jpg













Antipasto/海の幸のマリネ


ここまでのAntipastoを
↑Valcanzjria
↓Rossojbleo の2種で頂く。




e0121545_1211964.jpg






Rossojbleo2006
ネロ・ダボラ(ブドウ品種)
「マグロのカルパッチョのために作ったワイン」
 と、教えてもらった。
和食に合うワインだそうだ。

 軽くシンプルなワイン。
ベースとなっているワインだそうで、
なんという、柔らかさ、華やかさはなく、
堅い、若いそんな感じのワイン。
確かにこれがベースなんだと思う。

【イワシのぬた】で飲んでみたい・・・
【しょう油の実】と合わせてみたい・・・

                            
 e0121545_12414819.jpge0121545_12425484.jpge0121545_1244879.jpg





































Primo 3品
ピッツァマルゲリータ
長なすとトマト ノルマ風
真鰯ラグー    シチリア風



e0121545_12493727.jpg













NEROMA`CCARI 2003
ネロ・ダボラ(ブドウ品種)

あきらかに↑Rossojbleoとは違い
ふくよかで、華やかでバニラ香がして・・・




e0121545_1258477.jpge0121545_12591315.jpg













secondo/dolce
グリル・ミスト(子羊、豚、和牛)
ドルチェ盛り合わせ(カタアラーナ、リコッタケーキ、ジェラート)



e0121545_1331213.jpg



その他のワイン
Nerosanlore 2003
Nerobufaleefj 2003
Nerobaronj 2001

は、【百聞は、一食にしかず】さん のブログにてご覧下さい・・・・・。

悲しいかな・・・日帰りワイン会新宿滞在2時間と少し・・・・・。
次の日は「炎の料理教室」新発田があるからどーしても、どーしても9時には店を出なくてはならない。 夜行列車という手もあったけれど早朝5時着は強行過ぎる。   
それで、後半の3本はお目にかかる事もなく、急いでドルチェを食べ、新宿駅へ向かった。

新宿から大宮までの電車の中、立って寝ている自分にビックリ!!  赤羽までの間で良かったけれど、これが大宮過ぎましたなんて事になったら大変っ!!
その、もーろーとした中新幹線に乗って、すぐに眠ってしまった事は言うまでもない。
いつも、長岡までが長く感じているのに、気がついたらその長岡までも過ぎていて、
操車場に入る所だった(笑)
[PR]
Top▲ | by vruocculu | 2007-09-27 10:35 | ワインと料理と品種(65)
<< 【〆張鶴】 と 【しょう油の実】 | ページトップ | ジャガイモはワインの香り・・・ >>


ファン
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
うちの食卓 Non so...
ねこのあくび
なんてことない毎日
パリときどきバブー  f...
青木純の歌う食べる恋をする
エミリアからの便り
◆ Mamma ho f...
la gru cucin...
butakoの2年間の休...
ユキキーナの日記
花と日々の徒然
オリーヴオイルを追いかけて
地中海と砂漠のあいだ  
パンダ通信
美味しいwineを求めて
トスカーナ オリーブの丘...
月桂樹~Laurus-n...
La Vita Tosc...
BUONA FORCHE...
おいしくやさしく
楽子の小さなことが楽しい毎日
オリーブとブドウ畑のあいだで
*イタリア料理紀行
ubsna
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ばなな気分
「ROMA」旅写ライター...
8階のキッチンから   ...
魚屋三代目日記
すごいのよォ~イタリアは...
世界たべあるき日記
イタリアを楽しもう!
ヴェネツィア ときどき ...
HEROのアナログな生活
pour toujours
ボローニャに暮らす
イタリア・絵に描ける珠玉...
Villa Il-Ven...
畑のたからもの
ラグーザに流れるもの
Gattoのフォトブログ...
八丁堀女将日記(Hatc...
K's Diary*
北イタリア自然派生活
ブドウ畑の空に乾杯
カトルカールな毎日
おうち時間
ちりめん戯縫
イタリア料理スローフード生活
パスクィーノ ~ ローマ...
チャノマ。
しの的エッセンinドイツ
テーブルの上の地図帳 l...
grandi vini
フランスの暮らし
トスカーナのソムリエ
KICHI,KITCHEN 2
イタリアの朝
YPSILONの台所 Ⅱ
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
..., and trips
野菜ソムリエ+お菓子講師...
うひひなまいにち
木陰のランプ
過ぎたこと、過ぎて行くこと
ジェイクnoチカラ
可愛いものノート
Buona giorna...
ワインおたくの妻
ロビンと一緒にお茶しましょ♪
風の記憶 Villa I...
パンでできたドア
パルマの食と生活
PORTO CERVO の人々
おいしい料理写真の撮り方
la la la kit...
イタリア写真草子 - F...
London Scene
オリーブオイルのある生活
カザルパロッコのネコ(C...
山の中のイタリア料理店 ...
NO ANCHOVY, ...
伊津呂の気ままな写真日記...
穏やかな時間
un_voyage♪♪
爽やかホハ・ホーラ!
5丁目の小梅さん
♪Princess Cr...
Night Flight...
四季の光と風を感じて V...
Photoしませんか
イタリア料理教室のまかな...
morille et p...
風と花を紡いで
記事ランキング
タグ
最新のトラックバック
すみれ
from だからワイン通は嫌われる?
激うまパスタ!鰆とプチト..
from バツイチ男の気まぐれ料理
2009年1月に読んだ本
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
レバーな日々
from ワインおたくの妻
寒い日のリゾット ア・ラ..
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
スペルト小麦
from Gattoのフォトブログ 勝手口
最終、真空解除っ!!やは..
from VINO! VINO! sh..
大!大成功で午前中から酔..
from VINO! VINO! sh..
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧
" Snowflake dance 3C" Skin
by Animal Skin