Top

思い出の中の、そして現在の生活の中のワインと料理、食文化。人として思う事。。。
by vruocculu
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
お詫びと再度、ようやく落ち着く?
まず、お詫び。
不適切な文章で大変不快に思われたと、ご指摘を受けました。
下記文章において、

1回目(2001年)招待客しか申し込めず、地方の私なんかは食べれなかったルネサンス料理
↓(訂正)
1回目(2001年)招待客しか申し込めず、地方の私は食べれなかった、なら自分でやろうと思ったルネサンス料理

となります。 本当に申し訳ありませんでした。
自分の頭の中にはその思いがあるのに、それを飲み込んで文章にしてしまうのは、
私の悪いクセで、前々から言われている事でした。
読んで頂く方にきちんと正確に伝わる文章にしなければならないところ、未熟な私の文章力に、反省するばかりです。

本当に不快に思われた方々、お詫び申しあげます。
今後ともご指導宜しくお願い致します。




e0121545_2113771.jpg


これが出来て、発送終了したらようやく落ち着く・・・・。
まずは、発送してしまわない事にはどうも落ち着かないのだ。

前回お越し下さいました皆様、明日には到着すると思いますので宜しくお願い致します!!!


4回目にして、やって来た事が間違ってなかったと準備しながら思う今日この頃・・・。

1回目(2001年)招待客しか申し込めず、地方の私なんかは食べれなかったルネサンス料理
1回目(2001年)招待客しか申し込めず、地方の私はたべれなかった、なら自分でやろうと思ったルネサンス料理
2回目(2003年)イタリアへ行く前(’97以前)から気になっていた、わだかまりになっていた事への脱却、 
          解き放たれたい意味もあったバロック料理、そしてテーマは太陽
3回目(2005年)重く当時まだ受け止められずにいた身内の死と向き合った中世料理、
          そして、テーマは月
4回目(2007年)同じ中世でも初期キリスト教時代。前回は中世イタリア料理と、
          比較する意味で日本の芸能(白拍子)の舞だったが、今回はキリスト教という事で
          2006年から聖書を読み続けていた。

          が、そんな甘いもんじゃー無い事は百も承知。
          
          でも、助言をもらった。

          「キリストが復活した事を理解出来ない限り、キリスト教は理解出来ない」

          この言葉がどれだけ助けになったことか。
          この助言をしてくれた友人に感謝している。

          また、助言をもらってすぐに驚いた事があった。寒気がしたと言った方が正しいかも
          しれないが、私が読んでいた「聖書」はフェデリコ・バルバロ神父が訳したものである。

          
         
エレミヤの書31:35
                                                            昼の光として太陽を与え
                                                            夜の光として月と
                                                            星を与えた主はこう仰せられる。
                                                            主は海を起こされ、その波はうなる。
                                                            その名こそ万軍の主。

         
          なんじゃこれ!!!!
          これが正直な言葉だった。
          まさしく、2003年テーマ太陽、2005年テーマ月、そして今回は海・・・・・。
          こんな事って、“ 本当にあるんだぁ〜 ” そう思った瞬間だった。



それにしても、ワインのブログのはずでしたが、どーもこーもこれが落ち着かず、ようやく一区切り。
まだまだ準備は11月当日まで続くが、ようやく一区切り。



で、この会のために用意したワインは、コレ!!!

e0121545_20524233.jpg

おっと!! もちろん試飲は既にし、ホテルにもうワインは保管済み・・・・・・。
VINO:株式会社メモスより





そして、今日の月は前回の「月宴夜」(タイトル)の時のような月だなぁー・・・・・・・・・・・・・・・・
e0121545_2112140.jpg

白拍子のあの舞いが甦って来そうだ・・・・・・。


そうそう、後回しにしてやり残している事、1つ1つ片付けなければ・・・・・・・(反省、そして実行あるのみ)
[PR]
Top▲ | by vruocculu | 2007-07-31 21:23 | その他・料理(222)
<< まさしく、オリーブジュース・・... | ページトップ | 質問。 >>


ファン
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
うちの食卓 Non so...
ねこのあくび
なんてことない毎日
パリときどきバブー  f...
青木純の歌う食べる恋をする
エミリアからの便り
◆ Mamma ho f...
la gru cucin...
butakoの2年間の休...
ユキキーナの日記
花と日々の徒然
オリーヴオイルを追いかけて
地中海と砂漠のあいだ  
パンダ通信
美味しいwineを求めて
トスカーナ オリーブの丘...
月桂樹~Laurus-n...
La Vita Tosc...
BUONA FORCHE...
おいしくやさしく
楽子の小さなことが楽しい毎日
オリーブとブドウ畑のあいだで
*イタリア料理紀行
ubsna
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ばなな気分
ROMA - Phot...
8階のキッチンから   ...
魚屋三代目日記
すごいのよォ~イタリアは...
世界たべあるき日記
イタリアを楽しもう!
ヴェネツィア ときどき ...
HEROのアナログな生活
pour toujours
ボローニャに暮らす
イタリア・絵に描ける珠玉...
Villa Il-Ven...
畑のたからもの
ラグーザに流れるもの
Gattoのフォトブログ...
八丁堀女将日記(Hatc...
K's Diary*
北イタリア自然派生活
ブドウ畑の空に乾杯
カトルカールな毎日
おうち時間
ちりめん戯縫
イタリア料理スローフード生活
パスクィーノ ~ ローマ...
チャノマ。
しの的エッセンinドイツ
テーブルの上の地図帳 l...
grandi vini
フランスの暮らし
トスカーナのソムリエ
KICHI,KITCHEN 2
イタリアの朝
YPSILONの台所 Ⅱ
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
..., and trips
野菜ソムリエ+お菓子講師...
うひひなまいにち
木陰のランプ
過ぎたこと、過ぎて行くこと
ジェイクnoチカラ
可愛いものノート
Buona giorna...
ワインおたくの妻
ロビンと一緒にお茶しましょ♪
風の記憶 Villa I...
パンでできたドア
パルマの食と生活
PORTO CERVO の人々
おいしい料理写真の撮り方
la la la kit...
イタリア写真草子 - F...
London Scene
オリーブオイルのある生活
カザルパロッコのネコ(C...
山の中のイタリア料理店 ...
NO ANCHOVY, ...
伊津呂の気ままな写真日記...
穏やかな時間
un_voyage♪♪
爽やかホハ・ホーラ!
5丁目の小梅さん
♪Princess Cr...
Night Flight...
四季の光と風を感じて V...
Photoしませんか
イタリア料理教室のまかな...
morille et p...
風と花を紡いで
記事ランキング
タグ
最新のトラックバック
すみれ
from だからワイン通は嫌われる?
激うまパスタ!鰆とプチト..
from バツイチ男の気まぐれ料理
2009年1月に読んだ本
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
レバーな日々
from ワインおたくの妻
寒い日のリゾット ア・ラ..
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
スペルト小麦
from Gattoのフォトブログ 勝手口
最終、真空解除っ!!やは..
from VINO! VINO! sh..
大!大成功で午前中から酔..
from VINO! VINO! sh..
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧
" Snowflake dance 3C" Skin
by Animal Skin