Top

思い出の中の、そして現在の生活の中のワインと料理、食文化。人として思う事。。。
by vruocculu
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
やっぱり知る事は楽しい喜び
e0121545_895136.jpg


長文です.....軽く読み流して頂きたいと思います。

まず。
昨晩は「食と農に親しむ・楽しむ・学ぶ にいがたアトラスの会」の第57回定例会でした。
私自身ほとんど参加出来ていない事が申し訳ないのですが、昨晩は参加する事ができ、興味深い
中間流通業者の方をお招きしての「新潟の食育、地産地消、学校給食」の現状をお聞きする事が
できました。 実際、私自身不思議?疑問?に思う事があったのでメモをとる事も忘れて
聞き入っていました。 その方のお話を聞けば聞くほど、新潟の食育も地産地消も、なにもなって
いない、本来の意味から大きく外れていることが良くわかります。そして、やはり恵まれすぎている
土地がら仕方ないのか? そうでもないような気もしますが。
自給率を上げるための産地作りほど無意味な事はないと思います。 お話の中で「新潟の野菜は溶ける」という言葉を聞きました。枯れるのではなく溶ける......同じ事を以前.....味育協会での授業......築地御厨 「やさい塾」内田悟氏の授業で同じ事を聞きました。あえて詳しくは書きませんが。

そして、新潟の農家さんの現状と質。
新潟におけるこのネット社会の中の若手農家さんの質。
興味深い話ばかりでした。
現実を知り、落胆し、納得し。 なにが食育ですか? 地産地消ですか?....と。
大きく遅れをとっている現実も知り。新潟はこのままいくのだろうと。

ただ単にコピペの様に切り取った、田んぼ、畑のツギハギを見せて、収穫を体験させてが食育でも地産地消でも学校給食でもなんでもないと思います。 わざわざ産地を作って、ブランド化してそれがいかにも新潟産で新潟特有でありますみたいな.....に見せる事は無意味なのです。
現実を知る事が教育であり、学びなのだと思うのです。

私にも言える事です。
現実を知り、学び、知り、その先へ進んで考え、悩み.....進み、自分自身が納得いく事をして行きたいと改めて思った昨晩帰り道でした。

そして。
11月イベント食事会の準備は着々?
なんせ、準備を始めたのは3年前ですから??
でも、前回古代ローマ時代終了後すぐにエトルリアと決め、3年前から本やらCDやらDVDやら探しまくっていました。今、現在手元にあるCD類は取り扱いがなく、1枚のあるCDは中古で10,000円の価格がついていたことに驚きましたぁ〜(ビックリ!!!!)
前回知る事が出来なかった食材も、今回エトルリア時代食べられていただろうレシピ本で登場し、
皆さんに楽しんでもらう事もできます。
これは、ひとえにイタリア在住の方々のおかげと感謝しております。
この場をおかりしてお礼申し上げます。 ありがとうございます。

演奏開始イメージ映像作成完了しました。
今回のサブテーマは「喜び」です。
エトルリア人が好んだ楽器、ダブルフルート(コロナミューズ)の音と共に生活があり、
その壁画はとても楽しそうなのです。 なので、思わず踊りたくなるような曲の演奏を前回同様
Ayuo氏にお願いをしております。 日本できちんとダブルフルート(コロナミューズ)の演奏を勉強されたのはAyuo氏だけかと思います。
さらに打楽器演奏者立岩氏にも演奏して頂く事になりました。
最後は会場の皆さんと踊って閉会にいたしましょう!!!!!
さらに、加えて
「人生ってやっぱり短い」と思い知らされたここ2週間でした。
15年前に父が他界した時も父から教えてもらった事ですが、やっぱり短い。
でも、短いがゆえに生きている事を喜びと思い、死に向かって進んでいく。
なんだかそんな真相のある今回のエトルリア時代イベントです。

あらっ?
やっぱり暗いテーマが潜んでたぁ〜?
うふふっ..........
でも、これでイタリア食文化のイベントは完結です。
いろいろと深いテーマが潜んでいました。
解き放ちたい想いに始まり、
死と向き合い
自分自身と向き合い、
母親との確執と向き合い、
結局最後は「喜び」でした。

なので、今回準備はいままでと違う、「喜び」でイッパイです。
BGMを選曲していても、イメージ画像を編集していても、メニュー決めをしていても、
なぜだか笑ってしまっています。 楽しいぃぃぃぃって叫んでいる時もあります。
そして、今から閉会した瞬間、みんなと手拍子し笑っている光景が浮かんでいます!!

『楽しい!!!!』
[PR]
Top▲ | by vruocculu | 2013-03-13 09:21 | 準備(23)
<< 『大江山地区の越後姫』と老眼&... | ページトップ | 閉場BGMとカリフラワーのパスタ >>


ファン
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
うちの食卓 Non so...
ねこのあくび
なんてことない毎日
パリときどきバブー  f...
青木純の歌う食べる恋をする
エミリアからの便り
◆ Mamma ho f...
la gru cucin...
butakoの2年間の休...
ユキキーナの日記
花と日々の徒然
オリーヴオイルを追いかけて
地中海と砂漠のあいだ  
パンダ通信
美味しいwineを求めて
トスカーナ オリーブの丘...
月桂樹~Laurus-n...
La Vita Tosc...
BUONA FORCHE...
おいしくやさしく
楽子の小さなことが楽しい毎日
オリーブとブドウ畑のあいだで
*イタリア料理紀行
ubsna
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ばなな気分
ROMA 【在ローマ ヘ...
8階のキッチンから   ...
魚屋三代目日記
すごいのよォ~イタリアは...
世界たべあるき日記
イタリアを楽しもう!
ヴェネツィア ときどき ...
HEROのアナログな生活
pour toujours
ボローニャに暮らす
イタリア・絵に描ける珠玉...
Villa Il-Ven...
畑のたからもの
ラグーザに流れるもの
Gattoのフォトブログ...
八丁堀女将日記(Hatc...
K's Diary*
北イタリア自然派生活
ブドウ畑の空に乾杯
カトルカールな毎日
おうち時間
ちりめん戯縫
イタリア料理スローフード生活
パスクィーノ ~ ローマ...
チャノマ。
しの的エッセンinドイツ
テーブルの上の地図帳 l...
grandi vini
フランスの暮らし
トスカーナのソムリエ
KICHI,KITCHEN 2
イタリアの朝
YPSILONの台所 Ⅱ
イタリアの台所から
オルガニスト愛のイタリア...
..., and trips
野菜ソムリエ+お菓子講師...
うひひなまいにち
木陰のランプ
過ぎたこと、過ぎて行くこと
ジェイクnoチカラ
可愛いものノート
Buona giorna...
ワインおたくの妻
ロビンと一緒にお茶しましょ♪
風の記憶 Villa I...
パンでできたドア
パルマの食と生活
PORTO CERVO の人々
おいしい料理写真の撮り方
la la la kit...
ペルージャ イタリア語・...
London Scene
オリーブオイルのある生活
カザルパロッコのネコ(C...
山の中のイタリア料理店 ...
NO ANCHOVY, ...
伊津呂の気ままな写真日記...
穏やかな時間
un_voyage♪♪
爽やかホハ・ホーラ!
5丁目の小梅さん
♪Princess Cr...
Night Flight...
四季の光と風を感じて V...
Photoしませんか
イタリア料理教室のまかな...
morille et p...
風と花を紡いで
記事ランキング
タグ
最新のトラックバック
すみれ
from だからワイン通は嫌われる?
激うまパスタ!鰆とプチト..
from バツイチ男の気まぐれ料理
2009年1月に読んだ本
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
レバーな日々
from ワインおたくの妻
寒い日のリゾット ア・ラ..
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
スペルト小麦
from Gattoのフォトブログ 勝手口
最終、真空解除っ!!やは..
from VINO! VINO! sh..
大!大成功で午前中から酔..
from VINO! VINO! sh..
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
人気ジャンル
ブログジャンル
画像一覧
" Snowflake dance 3C" Skin
by Animal Skin